第1回 あつまる、まじわる、つながる

-地域のサステナ活動をつなぐポスター発表ワークショップ-

昨日、茨城大学で開催された、上記のようなワークショップに参加して参りました。

これは、そのチラシです。

私たちもポスターを作って発表して参りました。

これは、その時の模様です。

このようにポスターをパネルに貼って、誰かがそれを見に来た時に、色々説明をするのです。

沢山の方が、クリエの活動に興味を持ってくださったり、話を聴いてくださいました。

私たちも、他の団体のポスターを拝見してきました。

震災の後ということもあり、災害や安全対策、除染についての発表なども多く見られました。

沢山の方々と交わり、つながることが出来た、実のあるワークショップでした。

そして、20数団体の中から、優れたポスターに授与される「ポスター賞」をいただきました。

これは、ジャックさん、役者のY君、T君が作ったものです。

私たちの思いがぎっしり詰まったポスターになりました。

更に嬉しく、そしてびっくりしたのは、筑波大学の大学院生のIさんがこの会場に居合わせていて、クリエを熱く語ってくださったことです。

彼女は、5月のつくば公演を一番前の席で号泣しながら観てくださったとのこと。

クリエの大ファンだそうで、つくばでも、この様なあつまり、まじわり、そしてつながれる活動があった時には、是非ご一緒させてくださいと伝えました。

この記事を書いた人

web-sample