打ち合わせ続きの年末

この所打ち合わせが続いています。

木曜日、なっちゃんとチラシなどの「絵」を描いてもらうための打ち合わせ。

金曜日、金ちゃんと、音楽の打ち合わせ。今回は金ちゃんに音楽を担当してもらいます。

土曜日、小松さんと衣裳の打ち合わせ。

それぞれに、今回の作品への「思い」を語り、私たちスタッフの「ごん」への愛を語りました。

写真は、この前日までごんの故郷を訪ねていた演出家のおみやげです。

ごんの故郷は、愛知県半田市という所です。

私もここを訪ねて、小さなこの街で、「ごん」は、愛され大切にされているのを、感じました。

おみやげもかわいいですよね。

「ごんのお栗もの」ですって。栗のお菓子が入っていました。

下の写真は、金ちゃんとの打ち合わせです。

演出の順君が金ちゃんに見せているのは、新美南吉記念館で撮った写真で「悲哀は愛に変わる」ということを書いたものです。

1月からは、どんどん作る作業が進んでいきます。

稽古場でも、今までの基礎練習から、一気に作品作りになっていきます。

チラシ、音楽、衣裳、演出や振付、全てそれぞれのアーティストの頭と心の中から創りだされていきます。それぞれに触発されながら、感動を共有し合いながら。

おまけですが、この打ち合わせのご飯のメニュー

なっちゃん:ハンバーグ

金ちゃん:クリームパスタ

小松さん:カレー

どれも、クリエの人気メニューです。

この記事を書いた人

kurie1992