「星の王子さま」反省会

| コメント(0) | トラックバック(0)


「星の王子さま」が終わって2週間の、先日の日曜日、役者と子供たちのお母様方との反省会が行われました。

舞台、作品、その周りにある沢山の制作サイドの仕事・・・・・・

 

実務面での反省は、文字の通り実務ですので、目に見えやすいものです。

今回は、初めての3回公演、初めての前売り段階での完売、初めての自由席と指定席の併売・・・・初めてが沢山ありました。

不行き届きの点も多々ありましたが、関係各位にお詫びすると共に、次回に生かしていきたいと思います。

b0638.jpg

出席者全員からも、この公演に参加しての感想などを述べてもらいました。

それぞれが、「日常」という現実の中で、人生の様々な面と向き合い、そして、「非日常」である作品と向き合った5ヶ月間でした。

その中で、心が折れそうになったり、仲間に支えられたり、頑張ったり、踏ん張ったり、何かを飛び越えたりしながら、成長した日々であったことが、そのコメントや表情の合間から感じ取れました。

 

だからこそ、スタッフは、この場に集う人々を「おはようございます!!」と爽やかな笑顔で迎えたいと思うのです。自分はどんなに疲れていても、ボロボロでも()。そして、皆から返される笑顔が、また、スタッフたちの活力になっていくのです。

稽古場とは、「日常」の「我」をしばし忘れ、「非日常」の中に身を置き、ひたすらに歌い、踊り、演じ、そして語る「場」なのだろうと、改めて思いました。

これを、家庭、学校や職場以外の3rd spaceと言うのだそうです。

 

 

今回は、稽古場の様子を全くお伝え出来ていないので、振り付けをしたばかりの頃の写真を掲載します。

b0639.jpg
b0640.jpg
b0641.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kurie1992.or.jp/MTOS/cgi-bin/mt-tb.cgi/197

コメントする

Powered by Movable Type 5.02