今回お休みだったIMHちゃんからのメッセージ

| コメント(0) | トラックバック(0)

早いもので、第26回ひたちなか公演の幕が下りて、10日ほどが経ちました。

稽古の無い週末、役者たちは、どんな週末を過ごしたのでしょうね。

 

上原は、午前中は事務方と色々な整理をしました。午後は袖チームと、あの大きな木をバラしたり、ベンチをバラしたり、片付けでした。

 

本番で袖に入ってくれていたIMHちゃんから、本番の1ヶ月ほど前にメッセージをもらっていました。

クリエと関わって育ってきた役者の一人としての思いを、率直に表現してくれているので、皆さんにもご紹介したいと思います。

 

IMHちゃんは、前回公演「銀河鉄道の夜」では、「サソリの火」を演じました。小学3年生から、ずっとクリエに参加していて、主役も何回かやってきていますが、今回は仕事の都合でお休みでした。今まで、大学受験の時にお休みした以外は、参加し続けていました。

ずっと公演を観てくださっている何人ものお客様から、「今回は、IMHちゃんは出ないのですか?」と聞かれました。クリエにとって、とても大切な役者であり、稽古場でも大きな役割を担って来てくれています。

本番では、袖に入って、舞台を支えてくれていました。

 

そんなIMHちゃんから役者たちへ、そして、上原へのメッセージです。

スタッフが大切にしているもの、舞台上での役者から溢れる魅力の秘密など、読み取って戴けましたら、嬉しいです。

 

 

 

今年は久しぶりにクリエお休みをしてたので、日曜日久しぶりにみんなに会えて、通しを見ることができて、幸せな時間でした!!

そして、通しを見ていて色んなことを感じました。

 

まず、子供たち、おねえさんたちがその時その時(※注釈=その年齢のその瞬間)を生きてる姿は、それだけでも胸を打つなーと思ってしまいました。()

お金を払って観に来てくれるお客さんのことを考えたら、こどもたちも、できること、やらなきゃなってこと、まだまだあるなと思ったのも正直なところです。

きっとみんなならもっとパワー出せるだろうなあ、そしたらさらに伝えられること増えるだろうなあって。


b0618.jpg

 

それでも、やっぱりお稽古含め、舞台に立つことを通して、色んなことを感じて、悩んだり悔しい思いもしながらも、精一杯表現してるメンバーの姿は、それだけですごくすごく価値のあるものだし、見てる人に伝わるものがあるんですね。

 

本番までのお稽古で、まだまだたくさん詰められるところを詰めて、楽しんで、舞台の上でキラキラ生き生きしててくれたらいいなあって。そんなみんなを、袖からちょっとでも支えられたらなって、楽しみです。

 

 

そして、先生の書くお話はやっぱり好きです。まだまだ25歳で経験も浅いけど、それでも自然と自分の経験と重ね合わせて通しを見てしまいました。涙こらえるので必死でした、こらえられませんでした()


b0619.jpg


色んな生き物たちがそれぞれの形で精一杯生きていること、命の繋がり、家族。それに、それぞれ色んなことを感じて大切にして生きていたはずなのに、いつの間にか本当に大事なことを見失っていたり、それですれ違ってしまうことの悲しさ。大切にしたいことってなんだろうって、たまに立ち止まって見つめなくちゃって。上手く伝えられないのですが...。


b0620.jpg

 

そしてここからは私の話ですが、子供の頃は特に、わたしにとってクリエという存在があってよかったなーって思いました()

何も考えずただクリエのみんなとお稽古したり舞台にたつのが楽しかった時期、あとはひねくれてた時期(※注釈=所謂思春期ですね)もありましたが()、そんなときも含めて!

先生の台本やそれについて話してくれる言葉を通して、あらゆるものの命のこと、命の繋がり、愛すること、恨んだり憎んだりする感情や赦すこと。生きていく上で何を大切にしたいんだろーとか、自分の命ってなんだろうとか、考えさせられることは、今までにもたっくさんありました。

 

稽古場では、お姉さんたちに甘えきっていた時期、そんなお姉さんたちに憧れながらも同じようにはできなくて悔しい時期があり(今でも、私たちのお姉は、永遠に越えられない雲の上の存在ですが)

 

同じようにはできなかったけど、自分がお姉としてがんばらなくちゃと自覚を持ってやれることを探した時期や、自分よりも年齢が下の子達がお姉としてがんばるのを大人メンバーとして近くで支えられたらなって図々しいけどそんなことを願った時期。

 

いろんな時期があったけど、その時々、きっと自分なりに、色んな年代・立場のメンバーがいる稽古場で、感じること学ぶことは溢れてたんだと思います。


b0622.jpg

 

そんな場所で本番に向かってお稽古しながら、みんなと一緒にたくさん笑って、悩んだり悔しい思いしたり泣いたりして、たまにはちょっとムッとしたりプンスカしたりしながらも()、精一杯にまっすぐに過ごせたそんな時期は、一生の中でも本当に宝物です。

 

そんな宝物があるのは、クリエのみんなと、そして、クリエの母の上原先生のおかげです。だから、上原先生、ありがとうございます*

 

今クリエにいるこどもたち、おねえさんたちにとっても、クリエがそんな場所であったらいいなって、思いました。

 

長くてまとまりもなくて、後半なんてとくに自分の話ばっかりでごめんなさい🙇!!

先生には伝えたいと思ってしまい...m(__)m

 

長いめーる、ここで終わりにします!!

これからもよろしくお願いします!!

 

IMH

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kurie1992.or.jp/MTOS/cgi-bin/mt-tb.cgi/194

コメントする

Powered by Movable Type 5.02