公演に向かってGo!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

作曲家の金ちゃんから、1幕の歌が全部上がって、2幕の打ち合わせが終わって、

 

チラシやパンフレットに載せる写真撮影があって、

 

3回目の全体ミーティングがあって、

 

そうです!!つくばのカンパニーは、本番に向かって順調に進んでいます。

 

写真を撮り忘れていて、無いのが残念です。

 

 

5月のつくば公演は、つくば10周年記念公演です。

ということもあり、つくばを舞台にしたお話です。

ここ3年は、原作があるものを脚色して公演してきました。

今回は、久しぶりに原作が無い、完全オリジナルの作品です。

 

皆さんは、つくば市の鳥と花をご存知でしょうか?

鳥はフクロウ、花はホシザキユキノシタというつくばの固有種です。

この物語の主人公は、フクロウの福太郎と、福太郎と友達になる高校3年生の星咲雪乃という女の子です。

 

そして、つくばには、並木道を始め、沢山の木があります。

四季の移り変わりの中で、木たちは様々な表情を見せてくれます。

彩り豊かな四季の移り変わり、そこに暮らす鳥たち、それらに囲まれながら生きていく人々を描きました。

 

この作品を通して、

「今」「ここに」「私という存在がある意味」を考えるきっかけになったら嬉しいです。

 

b0588.jpg

 

散歩の途中の福寿草が今年も春を告げています。

もうすぐひな祭りですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kurie1992.or.jp/MTOS/cgi-bin/mt-tb.cgi/180

コメントする

Powered by Movable Type 5.02