2016年9月アーカイブ


受験生SKちゃんの手紙を読んで...

 

SKちゃんの手紙を読み,一言コメントをしたくなりパソコンに向かいました。

ジャックです。「クリエっ子」と言えば,うちの子どもたちも典型的なクリエっ子です。

 

振り返ると12年前,小学生になる前の娘がクリエの門を叩きました。小学校に入学しバタバタするなかでの5月の公演でした。ハードな練習と難しいテーマ(戦争と平和を扱ったオリジナル作品「あの空に向かって」)だったので,娘が「来年もまたやる」と言うとは思いませんでした。しかし,その言葉が,彼女たちの思春期に大きな影響を及ぼす出発点でした。

 

子どもたちがクリエにかかわれてよかったと感じることの一つに,役者一人一人がテーマについて深く掘り下げ,それを歌,ダンス,芝居で表現することがあります。テーマは,平和,環境,文化,人種,教育など多岐にわたっています。役者の歌う歌詞や台詞に刻まれたメッセージは,会場に足を運んでくれたお客さんへのメッセージでもありますが,役者がその歌詞や台詞の重みを感じ自分の生き方に重ね合わせるものでもあると思います。子どもたちはこれまで12年間劇団クリエにかかわらせてもらっていますが,私達(親)は,彼女らが人生のどこかで,発した台詞や歌った歌詞の本当の意味を知る時が来るのではないかと思いながらこれまでの作品を見守ってきました。

 

SKちゃんが,〝肌の色が違っても、信じる神が違ってもみんな人間-♪″「金色姫ものがたり」という歌詞から世界平和について勉強したいと思い,進路選択をしたことがまさにその時ではないかと思いました。私自身も,クリエの作品の歌詞や台詞に日常,励まされることがあります。〝前を向いて歩いて行こう後ろは振り向かない明日に向かって歩いていこう♪″〝前に進む歩を止めることも,時には必要さ″〝この足で歩くことやこの手で掴むこととかこの僕が出会うものすべてが大切な心のたからもの″「虹色の国のものがたり」,〝武器を棄てよう,武力はいらない″「あの空に向かって」,〝風よ吹け,おおらかに,この大地を吹き抜けて,私たちが生きた日々を包み込みながら♪″「埴輪ろまん」,〝もしも君の心に一滴の愛があるならば♪″「奇蹟の星」,〝君に届けこの願い,青い星を一回りして♪″「金色姫ものがたり」,〝自然の恵みに感謝して,それを少しだけ使う,後は残しておこう,いつも豊かであるため″「Sing a Song」。先日もSKちゃんが「Sing a Song」で熱演してくれた「歌の力だよ」の台詞にも大きな力をもらいました。彼女同様,娘たちも一番自分がキラキラできる場所はクリエだと思います。SKちゃんが自分のやりたい道へ進めるよう,心から応援しています。

 

今回のクリエの作品は,宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」です。役者のみなさんがどんな思いを歌詞や台詞に込めて表現してくれるのかとても楽しみにしています。

 

ジャック


b0548.jpg


通し稽古を観に来てくれた受験生のSKちゃんから、お手紙をもらいました。

本人の許可を得て、文面をそのまま掲載させていただきます。

クリエっ子ってどんな子?というのが、よくわかる文面です。

 

 

上原先生へ

 

お弁当箱、とても遅くなってしまってごめんなさい >_<

念願の上原先生のお弁当が食べられてうれしかったです

 

高校3年生が始まり、早5ヶ月ですが、私の中でも1番になるくらい辛い1年になりそうです。夏休みも、学校と家の往復を毎日するばかりで、とてもしんどかったです。でも、今日こうしてクリエの稽古場に来ることだけを楽しみに、この夏を乗り切りました!離れてみて改めて、クリエが大好きなことを再確認しました。そして今、勉強しかない生活で感じたことは、クリエは、自分が1番キラキラできるところだったということです。だからキラキラしているみんなを見てて、とてもうらやましい気持ちになります。キラキラできる場所に出会えた私は幸せ者でした😊 それが、自分が頑張れる糧となってます。


b0546.jpg

 

そして今、私は大学で、「肌の色が違っても、信じる神が違ってもみんな人間-」(金色姫ものがたり)っていう歌詞があったように、世界平和について勉強したいと思い、受験生を頑張っているところです。大学生や大人になってまたクリエができるかは分からないけど、クリエで学んだ「優しさ」とか「愛」とか「幸せ」とか、また表現することの楽しさとか伝えることの難しさだったり・・・たくさんのことをこれから役立てて行きます。


b0547.jpg

 

「今」を大切にしながら

自分の信じる道を見つけながら

引き続き 受験生を頑張りたいと思います!

 

今日は幸せな時間をありがとうございました。

 

良い公演になることを、祈り応援しています。

 

SK

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.02