2016年7月アーカイブ

なかなか稽古場に行けない上原です。

今日は、通し稽古に足を運びました。

始まりに間に合わず、M1(オープニング)が聴けなかったのが残念ですが、その後は、観ることが出来ました。

 

演じる人が違えば、感じるものや表現の仕方も違います。

演出家は、それを丁寧に作品にしていきます。

ここが、我がクリエの演出家、順君の素晴らしい所です。

 

数年前、「笑顔」がなかなか出来なかった役者たち。

今は、みんなが笑顔で歌っています。

これは、とてもすごいことだと思います。

「稽古場は和やかに、稽古は集中して。」これは演出家のモットーです。

「決して怒らず、諦めず。」と、順君を評したお母さんがいましたが、本当にその通りです。

萎縮してしまったら、笑顔にならないですし、伸び伸びとした演技にならないですものね。

 

役者一人一人が、自分の心で感じたものを大切にして、自分の表現として、この作品の中で生きられたら、現実の世界でも、きっと自信を持って生き生きと生きていけると思った、通し稽古でした。

b0522.jpg
b0523.jpg
b0524.jpg
b0525.jpg

日曜日、ひたちなかカンパニーの秋公演のための写真撮影がありました。

b0519.jpg
カメラマンの田澤さんにクリエのスタジオまでいらしていただき、出張撮影していただきました。

不特定多数の方の目に触れるチラシ。そこに載せる1枚1枚の顔写真。
役者たちの魅力を最大限にひき出すための田澤さんからのアドバイスがとてもすてきです。
「なるべく色んな表情をしてみて」と。
そして、瞬間を逃さずにシャッターを切ります。
写真は瞬間の芸術ですね。

間近でプロの仕事を見せていただきました。

 

b0520.jpgb0521.jpg
皆さんも、オーディションなどの書類の写真など、是非田澤さんに撮っていただいてください。
あなたの魅力を引き出した写真を撮ってくださいますよ。

ブログをご無沙汰していて、楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありませんでした。

 

劇団クリエは元気です!!

 

ひたちなかカンパニーは、配役がほぼ決まり、バンバン振付をしています。

そして、日曜日は、恒例の塩塚さんの発声レッスンでした。

今回は、額にある前頭洞という所に響かせることを中心にレッスンして戴きました。

心身共に開放され、声が全身に、そして、部屋中に響く快感。

実に楽しく、心が充たされるひとときでした。


b0513.jpg

b0511.jpg

b0512.jpg

b0514.jpg

 

レッスンの後のM1。

一人一人の表情が凄すぎて、圧倒されました。


b0515.jpg

b0516.jpg

b0517.jpg

b0518.jpg

 

全体レッスンの後は個人レッスンです。

ジョバンニとカムパネルラのデュエットも、星めぐりの歌も、それぞれのソロも、みんな声が伸び伸びとしていて、聴いていてため息が出るほどでした。

 

そして、塩塚さんから、何度も、「曲がいい!」とのお言葉。

チェロの音が効いていて、本当に素敵です。

魂がこもった音楽に乗せて、ひたちなかのメンバーが心を込めて歌います。

どうぞ皆様お楽しみに!!

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.02