2016年5月アーカイブ

インプロショー

| コメント(0) | トラックバック(0)

つくば公演が終わり、2回目の週末です。

何と、またまた福岡にいるえりさが、今度は仲間を引き連れてつくばにやって来ました。

インプロショーをやるためです。
インプロとは、improvisationの略です。
ピアノでもimprovisationがあります。その場でやる演奏です。

もう一度やってと言われても出来ないのが即興です。上原はこれが大好きです。誰に聴かせるでもなく、時々ピアノで好きに弾いて遊びます。

ピアノのインプロは大抵一人でやりますが、お芝居は相手がいます。しかも複数いることが殆ど。
今回も大勢で大賑わいでした。

福岡のモザイクスというインプロ集団、東京でインプロをやっているひろきゅん、我が茨城の劇団クリエの有志たちのインプロのお芝居に加えて、福島から参加の作曲家の金ちゃんのピアノ、キーボード、パソコンを駆使した即興演奏

b0507.jpg

それぞれが、ちゃんと前のお芝居を受け止めて、でもめちゃくちゃ濃くて、即興なのにホロリと泣けて来たり、お腹を抱えて笑ったり。

金ちゃんの音楽が、これまた、それぞれの場面にぴったり。時に、音楽がリードして、場面を変えたり流れを変えたり。

楽しいショーでした。

b0508.jpg
6
月からは、えりさが福岡から、月一程度戻って来て、インプロのワークショップをやる予定です。クリエ主催の事業ではありませんが、ホームページでもご案内したいと思います。
公演やクリエのワークショップの参加者ではなくても、どなたでも自由に参加出来ます。ご興味のある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。

昨年のゴールデンウィーク明け、つくばでの「おやゆび姫」が終わり、「次回公演でやりたいものがあったら、出してください」との声掛けに、「銀河鉄道の夜」と、二人の方から声が上がりました。

 

すぐに、本棚から持ち出して、読み直しました。さらに、学生時代に購入した藤代清治さんの影絵絵本「銀河鉄道の夜」を見直し・・・・・う~ん、難しい。

 

通常の、台本を書くときの手順は、

1. 起承転結を頭に入れながら、大まかな構成を考える

2. 登場人物を整理する

3. シーン割をする

4. ナンバー(挿入する曲)を決める

5. 全体のバランスを見て、書き始める

 

のですが、その前段階、「この作品で何を描くか、何を見せるか」が決まらないだけでなく、本の中に描かれている一つ一つの、「描かれる意味」がわからないところが沢山ありました。

 

伝記を読んだり、他の作品を読んだりするだけでは、台本を書く責任は果たせないという思いで、3ヶ月が過ぎました。

 

大きな転機になったのは、岩手への旅でした。

b0503.jpg

北上川のほとりに立ち、その風を感じ、岩手軽便鉄道やイギリス海岸に思いを馳せました。

b0445.jpg

b0504.jpg

小岩井牧場から岩手山を眺め、あの山の頂上から一晩中星を眺め、ギリシャの物語に自分の夢や理想を重ねていったであろう少年賢治へ、思いを馳せました。

記念館や童話村、イーハトーブセンターでも、沢山の収穫がありました。

 

そして、何冊かの書物を手に入れたことが、更に大きな収穫でした。

 

『銀河鉄道の夜』の「原稿のすべて」、「フィールドノート」、「解体新書」

賢治さんの弟さんが書いた「兄のトランク」

この4冊は、特に精読させて戴きました。

久々に、論文が書けるくらい、大学ノートにびっしりと書きました。

 

大学ノートに書かれた一つ一つを丁寧に考察しながら、台本の構成を決めていきました。

 

提案を戴いてから半年後、やっと、ある程度納得のいく台本が脱稿しました。

 

b0488.jpg

b0505.jpg

その後も、舞台上での見せ方も含め、何度も何度も演出家が手を加え、上演ギリギリまで、作り込む作業が続きました。

 

b0500.jpg

b0506.jpg

こうして、1年間、この作品と向き合い、あのような舞台作品になりました。

 

 

我が家では、病気で学校を休んでいるときには、新しい本を母親が買ってきてくれました。小学2年生の時、「はしか」で学校を休んでいるときに母が買ってきてくれた「小公女」は、ふわふわとした想像力のかたまりのようだった私に、初めて「人はどのように生きるべきか」考えさせてくれた書物でした。

当時目にした、街角でひざまずく傷痍軍人、神田の駅前で靴磨きをする少年、そのような戦後の景色とともに、セーラ(小公女の主人公)への憧憬は、この「銀河鉄道の夜」につながっているのかなと、思ってもみたりしています。

 

 

ピアノのレッスンに来る子供たちが、時々、学校の「読書カード」のようなものを持ってきます。それを見て、月に何冊読んだかという「数」では無く、「何を感じたか」だと、私は思うのです。

時には、深く読む「質」を求める読み方を、子供たちも、是非してみて欲しいなと思うのです。

昨日、つくば公演「銀河鉄道の夜」の幕が無事下されました。

前売りチケットが完売して、いらして戴くことが出来なかった皆様、また、当日券もとても少なく、せっかくおいで戴いたのに、お帰り戴かなければならなかった皆様には、お詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

 

熊本での地震は、本番まで1ヶ月を切ったときに起きました。知らん顔をして、このまま稽古をするのは辛い、私たちになにか出来ることはないか、役者たちが真剣に考えてくれていたことを、是非皆様へのメッセージとして伝えたいということで、役者たちのコメントをパンフレットに挟み込ませて頂きました。

災害の復興は、長い時間と心の支えが必要です。これから、私たちらしい支援の形を考えていきたいと思っています。

 

「銀河鉄道の夜」という、多感な少年の心を扱った文学作品を、ミュージカルという形で、どう表現出来るのか、クリエイティブスタッフは、身も悶えるような日々でした。

結果は、舞台作品として形に出来て大変良かったと思っております。

著名な童話作家の三部作の集大成としての位置づけに相応しい舞台作品になったと思います。

 

井上ひさしさんの言葉に、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」というのがありますが、

小学生が観てもわかり、賢治さんファンの大人が観ても心の深い部分に沁みていくような、そんな作品にしたいと、取り組んで参りました。

そして、原作になるべく忠実に、賢治さんが伝えたかったことを大切に作りたいという思いも多いにありました。

幕が下りて、改めて、宮沢賢治という人の大きさと深さを感じています。

この作品を取り上げて、公演することが出来、本当に良かったと、ご支援戴きました関係各位に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.02