2015年11月アーカイブ

3連休

| コメント(0) | トラックバック(0)

3連休の中日、NPO法人の総会、そして先日のひたちなかカンパニー水戸公演の反省会がありました。

公演が終わって1ヶ月以上経ってしまいましたが、あの時の空気感がよみがえります。

クリエイティブスタッフは、何かと考えなどを述べる機会がありますが、役者は、みんなの前で話す機会はそれほどありません。今日は、年少の役者から大人の役者まで、一人一人語ってもらいました。


b0449.jpgb0450.jpg

それぞれに、悩んだり、辛かったり、誰かに助けられたり、その時はいちいち言わないけれど、色んな思いの中で頑張ってやってきたのだなあと、改めて思いました。

クリエの役者たちのスゴい所、それは、周囲に感謝の気持ちを忘れないこと、それぞれの良い部分を尊敬できること、謙虚であること、温かいこと、真っ直ぐなこと‥‥
一杯ありすぎます。

クリエの中で経験したことは、本当にかけがえが無く、人生の宝物になっていっているのだと、しみじみと思いました。

何度か書きましたが、高校2年生のEMちゃんとSKちゃんは、いい笑顔で、一区切りです。

 

b0451.jpg

 

さて、3連休最終日、つくばカンパニーの稽古では、台本が配られました!!

そして、本読み!!


b0452.jpgb0453.jpgb0454.jpg


どんな「銀河鉄道の夜」になるのか、お楽しみに!!

 

 

冬が駆け足でやってきていますね。

皆様、風邪など召しませんように。

つくばカンパニーが第7回公演に向けて、動き出しました。

15日の日曜日は、稽古始め。

基礎練習でウォーミングアップ。

とにかく、みんなのモチベーションが高くて凄い。

一昨年の「ごんぎつね」から3回目というメンバーが多く、それもとても嬉しいです。

あの時は、えりさとIZM君以外は全員初心者マークという感じでした。

石の上にも3年。初心者だったメンバーが、役者らしくなっていくのも、楽しみの一つです。

 

稽古の後は、全体ミーティング。


b0446.jpg

 

初めてのメンバーもいるので、自己紹介をしてもらいました。

子供たちも、今回の公演に臨む抱負をちゃんと述べていて、みんなの決意表明には圧倒されました。

 

 

そして、台本が脱稿しました。


b0447.jpg

 

「クリエでやるとこうなる!!」というものが見えて来て、書き始まったら、あっという間でした。

早く本読みがしたいです。

次回の稽古で台本配れるかな?

 

 

今週末は、NPO法人の総会と、ひたちなかカンパニーの公演の反省会があります。

そう、衣裳が山の様に戻ってきます。

うわ~!!

どなたか、片付け名人がいたら、お手伝い、お願いします。

 

 

庭先の菊の花が盛りを過ぎようとしています。

b0448.jpg


b0440.jpg

おやゆび姫まっただ中の夏休み、実は岩手県に、賢治さんに逢いに行って来ました。
宮沢賢治記念館、イーハトープセンター、宮沢賢治童話村
そして北上川、生家の跡地、旧花巻市街地、小岩井牧場など、賢治さんのゆかりの地も訪ねました。

もちろん、温泉にも行って来ました。


b0442.jpg

b0443.jpg
賢治さんが眺めた景色を眺め、空を仰ぎ、風に吹かれ
そして北上川のほとりでは、以下の様な内容の手紙を書いて来ました。

拝啓
賢治様
私は一昨年、半田市を訪ね、こんぎつね幻想を書き、今年、ミュージカルとして上演しました。
今回は、花巻市を訪れ、銀河鉄道の夜を書き、来年ミュージカルとして上演します。
賢治さんがこの作品で伝えたかったことを表現出来ます様に、どうかお導きください。


b0444.jpg
賢治さんの作品、とくに銀河鉄道の夜は、内容が深く、様々な思いや、科学的な見地、星座のものがたりなどが幾重にも重なり、一つの言葉や表現では表し切れそうになく、また何を言わんとしているのかも、色々に解釈したり感じ取れたりします。

賢治さんは私に書いていいよと中なかなか言ってくれず、苦しい日々が続きました。

夏が終わってから、時々、彼は、私の近くまでやってきてくれていました。

今、私の左上に賢治さんがいるような気がします。

賢治さんが大切にしていたこと、それは、今も変わらない、いえ、今はもっともっと大切にしなければならないことだと切に思います。

生き物全てを尊敬し、万人の幸せのために人生を燃焼させた賢治さんの作品を脚色することの大きさを改めて感じながら、筆を執っています。

b0445.jpg

ひたちなかカンパニーの公演が終わって、2回ほど週末が過ぎました。

公演に参加したメンバーも、日常の生活に戻りつつあるでしょうか。

 

公演に参加した誰かに会うと、「おやゆび姫、すごく評判いいです」と聞きます。多くの方に、アンデルセンの世界をお届け出来たようで、本当に良かったです。

 

クリエイティブスタッフは、息つく間もなく、NPOの予算作成と総会の準備、つくばのワークショップの発表、つくば公演のオーディションと目白押しの日々です。

 

ワークショップの発表も、楽しく終えることが出来ました。

 

演出家が描いた背景の絵を飾り、場当たりをして。

あ、もう一枚絵が必要だった!と、その場で絵を描く演出家。

実は、彼の絵は凄いのです。

あの、「おやゆび姫」の背景のムンクの「太陽」も彼が描きました。ムンクが描いた実物大だとか。

今回は、紙芝居を劇中でやりますが、これは、つくばカンパニーの中2のR君が描いてくれました。R君の絵もすてきです。私もとても優しく柔らかな絵を何枚か見ています。


b0433.jpgb0434.jpgb0435.jpg


今回は、午前中は、子供会の行事に訪問公演の形で参加。午後は、一般のお客様に観て戴くという、形の2回公演でした。

ひたちなかのメンバーもお手伝いに入ってくれて、準備もどんどん進みます。


b0436.jpgb0437.jpg


そして、その翌々日、次回公演のオーディションがありました。

本当に、みんな成長していて、ため息が出そうです。


b0438.jpg

 

さあ、次回公演に向けて、台本、書かねば!!!

 

b0439.jpg


Powered by Movable Type 5.02