2015年3月アーカイブ

皆さまご無沙汰です。

ひたちなかワークショップの発表、クリエ音楽教室の発表会、歌録り、そして合宿とイベントが続き、その準備も含めていっぱいいっぱいでした。

 

ひたちなかでは、たったの4回のワークショップで、「きつね」の発表をしましたが、よくここまでできたなあと思いました。

1回ペースでしたので、それぞれが、ちゃんと頭と体に入れておかないと、次のワークショップで振り出しに戻ってしまいます。きっとそれを一人一人がしっかりやってくれたからだと思います。

こういう経験も良かったと思いました。

内容は、ちょっと渋いものでしたが、小袖の衣裳を着けて、楽しく発表出来ました。


b0371.jpgb0372.jpg

 

クリエ音楽教室の発表会も、写真はありませんが、無事終えることが出来ました。

 

そして、4日間続いた歌録り。

写真は、恒例の「唐揚げ」と「カレー」。

これが食べたいから歌録りに参加している?ではないと思いますが。

 

b0373.jpg

b0374.jpg

 

こちらは男子4人。わんこも男子です。

またまた「カレー」です。

 

b0375.jpg

 

最後は、合宿の写真です。

初めて、2幕通しました。

ふう~!!!

 

b0376.jpg

b0377.jpg

 

アンデルセンの世界へ、そして、クリエのファンタジーワールドへ、観る人々を誘うべく、これから作り込んでいきます。

 

チケットも発売されました。

皆さま、どうぞ、お楽しみに!!!


おやゆび姫は、花の妖精の王子様と出会うまで、沢山の人々(生き物?)に出逢い、助けられます。

 

ヒキガエルに川に連れて行かれて、スイレンの葉の上に乗せられてしまうおやゆび姫を、サカナたちがスイレンの葉を噛み切って逃がしてくれます。

泳ぐことしか出来ないサカナたち、小さくてとても弱いサカナたち。でも、力を合わせてスイレンの葉を噛み切ります。

 

サカナ役は、小学生の子どもたちです。

皆さんも、かわいらしくて、ちょっぴり生意気で、でも、心が真っ直ぐなサカナたちに、会えるのを楽しみにしていてくださいね。

 

誰かが困っている時、それが、見ず知らずの人であっても助けてあげられる、それが自然に出来るって、すてきですよね。

 

アンデルセンは、14歳の時に、田舎町オーデンセからコペンハーゲンに、たった一人で出るのですが、沢山の人に助けられて、大学にまで通うことが出来ます。

デンマークの国王にも助けられたようです。

 

人生は、色々なことがあるけれど、楽しく豊かなものであり、生まれて来て良かった、生きて来て良かった、そう思えるものでありたいですね。

アンデルセン自身は、きっと、そう思っていたのではないかと、伝記やものがたりから感じます。

 

今回の舞台を観てくださった方の心がホワッと暖かくなる、そんな作品になったらいいなと、思っています。

それは、せっかく生まれてきた私たちが、最も大切にしたいことの一つだと思うからです。

この週末、色々な芸術作品が私の手元に届いています。

 

ひたちなかのなっちゃんから、チラシの絵、色々な所にこれから使っていくイラストが届きました。

花から生まれた「おやゆび姫」

冬の枯れ野で凍えそうなおやゆび姫を暖かく迎え入れてくれる「ねずみのおばあさん」

もぐらとの結婚式という日、やっと再会出来たおやゆび姫を南の国へ連れて行ってくれる「ツバメ」

そして、アンデルセンの「ペン」

b0367.jpgb0368.jpg


なっちゃんが描いてくれた、ねずみのおばあさん、ツバメは、おやゆび姫を人生のピンチから救ってくれます。人生と言うものは、不思議です。

巡り会いというのでしょうか、困った時に、ふと現れる救いの手、そんなものがあるのですね。そこから人生はとどういう方向に行くか、その時は思いもよらない方向に行ったりするものです。おやゆび姫の人生を大きく変えることになる登場人物をイラストにしてくれたなっちゃん、さすがです。

そして、それを書き綴ったアンデルセンのペン。これが無かったら、今、私たちがアンデルセンのものがたりを読み、心豊かになることは無かったのですね。改めて、この「ペン」というものに、多いに敬意を表したいと思いました。

 

 

衣裳デザイナーの小松洋紀さんからも、衣裳のデザイン画が届きました。魔法使いのおばあさん、ヒキガエル、魚、コガネムシなどが届きました。

登場人物であるところの、ヒキガエルとかコガネムシといった日頃あまりなじみのないものたち。小松さんは、形や生態を色々調べて、その中の彼が感じる象徴的なものを衣裳という人間がまとうものに昇華させていってくれます。しかも、素人の私たちが縫製出来ることも考え、予算も考えてのデザインです。

本当にありがたいです。


b0369.jpg

 

作曲家の金ちゃんからも、ハモりパートなどが届いて、皆で稽古しました。

 

b0370.jpg

 

稽古の後は、演出家と色んな打ち合わせをしました。

その中で、こんな話をしました。

 

クリエイティブスタッフから、なかなかそれぞれの「作品」が上がって来なくて大変だよね。

だって、クリエの舞台は0(ゼロ)から全て作っていくからね。

 

今回も、アンデルセンのものがたりではありますが、脚本、音楽、演出、振付、舞台美術、衣裳やヘア・メーク、舞台美術、照明、そして絵やチラシなども全てが、オリジナルの手作りです。

役者たちも、セリフや振りは与えられますが、それに命を吹き込むのは、自分自身です。大人も子供も、初めてお芝居をする人も、です。

それぞれのセクションのアーティストが、想像力を膨らませ、心の中で悶え、ひねり出し、或いは何かが何処からか降りて来るのを待ち、形にしていきます。

みんながギリギリになってしまうのは、仕方の無いことなのです。

じゃあ、時間に余裕があったらいいものになるか?これもそうではないのですね。

切羽詰まった中で生み出されるからこそいいものが出来ることもあったり・・・・

 

 

こんな話もしました。

アンデルセンは、何が表現したかったのかな?

今回の作品で何を表現出来るのかな?

(これは、またの機会に皆さんにお話したいと思います。)

 

作品を作っていくということは、事務的な打ち合わせだけでなく、こんな話も大切です。

ふと時計を見たら、日付が変わって3時間近くが経過していました。

Powered by Movable Type 5.02