2015年2月アーカイブ

公演のための本稽古が始まるとお招きする、テノール歌手の塩塚隆則さん。

今回も、レッスンして戴きました。


b0365.jpg

 

塩塚さんのレッスンは、毎回、沢山得ることがあります。

今回も、時間を惜しんで、教えて戴きました。

頭の後ろ、顔、ひたい、手のひら、足、腸や内臓、要するに体の全てを使って声を出すのですね。全身を使って全霊を込めるという感じですね。

 

今回は、M1(オープニングの曲)音を一つ一つ丁寧にさらっていきました。

響きを作りながら。

レッスンの初めに歌ったM1と終わりに歌ったM1は別物になっていました。

 

b0366.jpg

 

塩塚さんがつくばからの帰りの電車の中で書いた「シェニエ」についてが、facebookに掲載されていました。

6月28日に「鎌倉オペラ」の公演があるそうで、その時に、この「アンドレア シェニエ」を上演するそうです。

あの素晴らしい歌声に「シェニエ」への思いを込めて、歌われるのだと想像するだけで、今からとても楽しみです。

 

私たちも、ひたむきに歌う楽しさを堪能したひとときでした。

おやゆび姫のお話には、ヒキガエル、魚たち、モンシロチョウ、コガネムシ、ネズミのおばあさん、モグラ、小鳥たちとツバメなど、実に個性的な生き物たちが、登場します。

アンデルセンは、動物や虫などに、人間の個性を投影させているそうです。ですから、それぞれが、まるで個性的な人間のようです。そして、それぞれが、何かどうにもならない運命のようなものを背負っているように感じます。タイトルの人物に「?」を付けたのは、人物ではなくて、虫や小動物たちだからです。

 

写真は、その登場人物が一同に会し、「アンデルセン」を歌うM1の稽古です。

大人が固めをしている間、子どもたちは自主的に外で練習していました。寒い!!


b0362.jpgb0363.jpg

 

<その中の一つヒキガエル>

 

おやゆび姫が、生まれた家の外で初めて出会うのは、ヒキガエルの親子です。

母ガエルは、息子に何とかお嫁さんを、と思っているようです。

おやゆび姫が寝ている間に、ガラスの割れた所から部屋に侵入して連れ去ります。

 

アンデルセンは、ヒキガエルを醜いと表現しています。

自分自身のことも、醜いと思っていたようです。痩せていて手足が長すぎて醜いと。彼は14歳の時に役者になりたいと思ってコペンハーゲンに行くのですが、痩せていて手足が長く、醜かったので、役者にはなれないと言われたそうです。(他の作品の中にも醜い、美しいという言葉がしばしば使われています。みにくいあひるの子もその一つです。)

カエルも、体のわりには手足が細いから醜いのでしょうか?それとも、体の模様が醜いのでしょうか?形そのものが醜いのでしょうか?

まだ、衣裳プランが上がって来ていませんが、衣裳デザイナーの小松さんはこのヒキガエルをどう描くのでしょうね。楽しみです。

 

おやゆび姫は、醜いカエルの息子と結婚して、沼地のジメジメ、ドロドロした所で暮らすなんて、いやだと言います。

しかし、アンデルセンは、自分を「沼地の出身」と言うことがあったそうです。それは、貧しい家に生まれ育ったことを比喩しているのでしょうか。

 

ヒキガエル親子の歌、音楽も、振付も面白いです!!そして、それは、切なくもあるのです。

元気で強気のヒキガエルの母ちゃん、自分より大きくなってしまったのに、話す事も出来ない息子に、どんな想いをかけているのでしょうね。

 

このシーンはコミカルに描いているのですが、母ガエルは、息子のために一生懸命なのだと思うのです。さて、母親が一生懸命お嫁さんを探すこの息子は、どんな息子なのでしょうね。

 

ヒキガエルの親子一つを見ても、色々と興味がわきます。

この様な形で、アンデルセンの人となり、そして、この物語について、脚本を書いた上原の目線で感じたものを書いていきたいと思います。

 

今年は、大雪も降らず、寒い日も少ない冬でした。

月曜日、春がちょっと顔を出してくれた空です。


b0364.jpg


ポスター発表

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日の日曜日は、様々な団体が、自分たちの活動をアピールする「ポスター発表」に参加してきました。

 

「クリエ」は、なぜ楽しいか?それは、ドキドキ・ワクワクするから。なぜ、ドキドキ・ワクワクするかというと・・・・・・

ということで、発表してきました。

 

これは、発表時に使ったポスターです。YT君が作ってくれました。

クリエのドキドキ・ワクワクのサイクルです。


b0360.jpg

 

そして、クリエの魅力を熱く語るYT君。


b0357.jpg

 

今回は、高校生から大人の役者たち、計9人で参加してきました。

全員で写真を撮ったのに、大ボケ(泣)

モザイクかかっているみたいですが、せっかくなので載せます。


b0358.jpg

 

他の団体の発表も、色々見て来ました。

 

今回は、自然農、里山保全、水を守る会など、自然のサイクルを大切にしていく活動が目にとまりました。


b0359.jpg

 

他にも、高校生の語り場作り、町内会の活性化、環境を守るグループ・・・・などなど、17団体も参加しました。

今まで全く知らなかった方々と、名刺を交換したり、リーフレットを戴いたり、そして、私たちの活動は、何故楽しいかをアピールしたり、有意義な場になりました。
Powered by Movable Type 5.02