2014年9月アーカイブ

先日、生まれて初めて、コンテンポラリーダンスのワークショップに参加しました。

経験は問わないとのことなので、劇団員6名と一緒に、何と、上原も参加してきました。

 

参加者は、大人から子供まで60人ほどいたでしょうか。

あかちゃん(赤丸さん)、まるちゃん(丸山さん)2人のペースにどんどん巻き込まれ、あっという間に、参加者全員が、和やで楽しいワークショップの中に入っていってしまいました。

すごい!!!

もう、子供たちも夢中です。


b0316.jpgb0317.jpg b0318.jpg

 

今回のワークショップでやったものの一つに、誰かの体に寄り添って静止し、寄り添われた人が別の誰かの体にまた寄り添って、それが形になっていくというのがありました。

初めての体験でした。何とも不思議で楽しかったです。

制約は勿論あるのですが、自分で形を作っていくのです。仲間の温もりに触れながら形を作っているうちに、だんだんと、自然に、気持ちが「無」になっていくのです。

2チームに分かれて観てみると、形を観ている人に、人が作る形の不思議さや、形の美しさが伝わります。まるで動く現代アートです。

 

ミュージカルは、初めに台本があり、音楽があり、お芝居があって、そして振付をします。

振りは当然、意味のあるもので、何らかの心理的状況や心象を表現します。

それとは、正反対のプロセスで表現を作っていきます。

新鮮で、面白く、その魅力に圧倒されました。

 

2時間があっという間に過ぎ、子供たちは「もう終わり?!」と言っていました。

あかちゃん、まるちゃんのお人柄にも触れることができ、大変有意義なひとときでした。

 

28日(日)には、「赤丸急上昇 コンテンポラリーダンス公演」(あかちゃん、まるちゃんのダンス公演)があります。

お時間のある方は、是非いらしてください。

上原と、つくばカンパニーの仲間たちも、ワークショップ参加者枠で15分くらい踊ります。

9月28日(日)1330開場 1400開演

ひたちなか市文化会館大ホール舞台上舞台

チケット:一般¥1,000 小学生~大学生¥500 未就学児は無料です。

どんな公演になるのでしょうね?

笑いあり、ちょっと哀しい可笑しさあり、パワーありの公演ではないかと思います。

 

チケット購入は、直接文化会館までお申込みください。

029-275-1122 ひたちなか市文化会館

 

あなたも、あかちゃん、まるちゃんのコンテンポラリーの世界にご一緒してみてください。

この週末、ひたちなかでは、合宿がありました。

作曲家の金ちゃん、語りの小野さんにもいらして戴いて、通し稽古も出来ました。

 

子供たちのお父さん、お母さんたちが見守る中、M1オープニングが始まりました。

 

M1が終わると、小野さんの語りが始まります。

もう40年も南吉を追いかけていらっしゃるという、南吉研究家の小野さん。

少女のような眼差しで語るのを、金ちゃんの優しいピアノが包みます。

もう、これだけで、南吉が伝えたかったものが、心の中に降り注いで来そうです。

 

b0309.jpg

 

アンサンブルのメンバーのダンスも熱く燃え上がるようです。

 

b0313.jpg

b0314.jpg

b0315.jpg

 

こどもたちのお芝居も、楽しく伸び伸びとしています。


b0310.jpg

 

「ごん」になりきれず、ちょっと苦しかったEMちゃん。

今日は、「ごん」になっています。

透明感のあるまっすぐな歌声がお稽古場に響きます。

 

b0311.jpg

 

兵十の火縄銃で撃たれるごん。

兵十役のIZM君の目からは涙があふれ出ていました。

ごん役のEMちゃんの目からも一すじの涙。

南吉自筆の原稿には、撃たれてもなお、ごんは「うれしくなりました。」と書かれています。

心充たされ、うなだれるごんを見て、ギャラリーは、涙、涙、涙・・・・・

 

カーテンコールのあと、ベテラン女優のIMHちゃんが、ごん役のEMちゃんに駆け寄って来ました。

「すごく良かった。」と抱き合ってる二人です。

 

b0312.jpg

 

IMHちゃんは、何度も主役をやっていて、そのプレッシャーや、孤独感が痛いほどわかるのでしょうね。いつも、主役の人には、温かな言葉をかけています。

こんな素敵な女性がカンパニーの中にいるって、本当に誇りです。

 

お陰様で、充実したいい合宿になりました。

実りの秋

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんにご無沙汰したまま、夏休みが終わってしまいました。

クリエの周辺は、熱風が秋風に変わり、稲が穂を垂れ始めています。

実りの秋がこの一週間ほどで、駆け足でやってきました。


b0296.jpg

 

 

つくば、ひたちなか、そしてクリエイティブスタッフ、事務局、みんな元気です。

 

つくば

10月のワークショップの発表に向けて、新美南吉の「きつね」という作品の稽古中です。

南吉の「天国」という詩をM1として歌います。

 

どのお母さんも一つの天国を持っています。

それは、お母さんの背中です。

子供たちは、お母さんの背中を本当の天国だと思っていました。

 

という内容の詩で、継母の背に揺られ、安心しきって眠る異母弟を見て書いたのでしょうか?実母が病弱で、母の背中を知らない南吉が書いたと思うと切ないです。

作曲家の金ちゃんが、ため息がでるくらい美しい曲をつけてくれました。

 

写真は、「祭」の歌の振り付けの様子です。

 

b0297.jpg

b0298.jpg

 

ひたちなか

もちろん、11月の公演に向けての稽古です。

 

8月初めには、恒例のこども合宿。

恒例の水遊び、魔女カレーの夕飯、花火、スイカ割り・・・・・

勿論、歌の稽古も2日間とも、午前中2時間、午後2時間半、しっかりやりました。

 

b0299.jpg

b0300.jpg

b0301.jpg

 

8月最後の稽古では、最後まで通しました。

まだまだ課題は沢山ありますが、作り込みはこれからですが、特に中学生たちがすごく頑張っていて、一人一人が大きな伸びを見せてくれています。初参加のメンバーもなかなか個性的で、いい味を出してくれています。

 

b0302.jpg

b0303.jpg

 

事務局

公演、ワークショップに向けての諸準備をしています。

次回、事務局会議では、11月の総会の準備も始まります。

おやつとコーヒーが欠かせない、事務局会議です。

 

b0304.jpg

 

そして、クリエイティブスタッフ

ニューヨークへ行って参りました。

 

b0305.jpg

 

振り付けの美穂の母校BDCでダンスレッスンを受けたり、

ミュージカルを観たり

 

b0306.jpg

(劇場の入り口です)

 

ブロードウェイで踊っているLuisが演出しているショーのリハーサルを見せてもらったり。

彼が出演していた「Rockey」は、私たちが到着する前日に千秋楽を迎えてしまいました。残念!!

 

b0307.jpg

 

上の写真は、リハーサルが終わって小龍包(しょうろんぽう)が美味しい中華料理店で、小龍包をいただきながら、語るスタッフです。

絶品!! 沢山、食べました!!

 

b0308.jpg


エンパイアステートビルの上から夜景も眺めたし、演出の順君が美術館に行っている間、自然科学博物館に行ったり、チョコレートのお店に行ったり、本当に充実したニューヨークでした。

 

写真は撮っていませんが、私が一番行きたかった「グランドゼロ」にも行って来ました。

中学生以下の子供たちにとっては「生まれる前」の出来ごとなのに、まだまだ工事中でした。

 

 

色んな事が、とてもバタバタとしていて、やっと、今、時間が取れて、夏休みのクリエをまとめて報告出来ました。

 

 

チケット発売

来週には、ひたちなかカンパニーの水戸公演のチケットが発売になります。

今回は、客席数が多いので、一部指定席を設けます。長い時間並ばずに、いいお席に座ることが出来ます。間もなくホームページからのお申込みが出来ます。

チケット発売まで、もうしばらくお待ちください。

Powered by Movable Type 5.02