ミュージカルには、必ず「役」があります。

「役」には、キャラクターや、その役ならではのナンバー(曲)があったりします。ナンバーは、役全体で歌うものだったり、ソロだったりします。バラード系だったり、ダンサブルだったり、特にミュージカルの場合は、ジャンルも曲調も色んなものがあります。

時には、「この歌を歌ってみたい!!だから、この役をやりたい!!」ということもあります。

 

クリエの場合、役は、クリエィティブスタッフが決めます。「何となく」感じる、役者の持っている希望も匙加減の中に入れながら、作品全体のバランスを考えて決めていきます。

 

いよいよ役が決まったら、役者たちは、その役を愛し、役になり切る自分と、それを客観的に見ている自分とをバランスよく存在させながら、稽古を進めていきます。そして、本番では、役になり切り心から楽しみ、作品を成立させていくのだと思います。

 

「役」をもらう。これは、役者としてとても大事なことの一つです。

「役」がついてからは、その役を演じる者="役者"として、この作品に関わっていきます。

「役」に対して、責任が生まれる訳です。

それは、子供でも同じです。

 

その「役」が、土曜日に発表されました。

早速、日曜日の稽古では、つくばの四季の中の「春」の振り付けがありました。

振りは、約毎に付けられていました。

それぞれの役で、付けられた振りを踊るメンバーの表情が、実に晴れやかで生き生きしています。

 

クリエでは、大人と子供の間の中高生を「おねえ」(お姉さんという意味)と呼びます。

おねえたちは、受験生、鳥、カラスなど、それぞれの役になり、とびっきりの表情で踊っていました。

多感な年齢のおねえたちが、日常生活で沢山のことを感じ、クリエで「役」になることで昇華していけることの素晴らしさをしみじみと感じる瞬間でした。


b0609.jpg
b0610.jpg

b0611.jpg

 

稽古の後は、役者、スタッフ、そして子供たちのママたちも加わって懇親会が開かれました。この場でも、おねえたちは、仲間と語り合いながら、とって楽しそう。

公演が終わるまで、ある意味良い距離感でありながら、且つ濃密な人間関係の中で、人として必要なこと、社会に出て役立つことを沢山学んで、成長していくのを、スタッフたちは見守っていきたいと思っています。

日曜日、つくば市で活動している県南シニアミュージカルの発表を観て来ました。

クリエで、一昨年上演した作品「おやゆび姫」を上演しました。

 

感想を一言で言うなら「良かった」です。

一人一人の表情に、心で感じたものが現れていて、「表現する」ことの楽しさが伝わって来ました。

「シニア」というくらいですから、20代、30代の役者さんはいません。皆さん、ご自分の人生の中で、色んな経験をし、出会いがあり、生きることの喜びだけでなく、哀しみや辛さも味わってきていらっしゃる年齢です。それが、とても素敵な表現につながっていると思いました。

 

私自身が台本を書き始めたのは、40代でした。若いときに書かなくて良かったと思っています。何故なら、若いころには理解出来なかったり、感じることが出来なかった沢山の経験をして来て、書けるからです。シニアの方たちの公演にも同じことを感じました。

 

登場する「ツバメ」「ネズミのおばあさん」「モグラ」たちに私が託した言葉の数々。それを丁寧に紡いでくれる舞台上の方たち。

「おやゆび姫」という子供が、少女になり、大人になり、花の王子と出会って結婚するまでの沢山の出会いがそこには描かれていました。

出会った人々は、それぞれに、彼女を助け、見守り、時には傷つけたりしていきます。おやゆび姫自身も、相手の気持ちに沿うことが出来ずに沢山の別れを経験していきます。

それらを、シニアだからこそ、表現できる「心」を持って舞台に立っている方たちは、とても素敵に輝いていました。

 

つくばカンパニーの子供たちが沢山観に来ていました。彼らの心に残る、そして、沢山のお客様の心に残る公演であったと思いました。

 

写真は、終演後の一コマです。


b0607.jpgb0608.jpg


 

この頃、ひたちなかでは、「カラス」の振り付けをしていたらしい。10月に上演する「フクロウの棲む街」に登場する、したたかに生きるこのカラス、何気に人気らしい。この週末に役の発表があるようです。次回は、こちらの様子もお伝えしますね。

つくばでの10周年記念公演「フクロウの棲む街」が好評の裡に幕が下ろされ、今度は、ひたちなかのメンバーで上演されます。

つくばカンパニーの10周年記念公演ということで、つくばの街を舞台にした作品を書き下ろしましたが、ひたちなかでも同じ作品を上演します。

 

オーディションの申し込み用紙の"志望動機"を見ると、「つくば公演を観てやりたいと思った」と書いてくれているものが多数ありました。

せっかく大切に作った作品ですし、作品で言わんとしていることや、大切にしていることは、上演する場所が変わっても普遍的なものなので、是非ひたちなかでもやろうと思っていたので、大変嬉しく思いました。

 

5月中にオーディションも終わり、6月から稽古が始まりました。

写真は、オーディションの時のものです。


b0604.jpg


 

先日の日曜日には初稽古がありました。

 

まずは、ミーティングです。

参加者一人一人が、自己紹介をしながら今回の公演に参加するにあたっての決意を述べます。

これは、オーディションの申込用紙に記入する"志望動機"や"自己PR"と共に、これから稽古をしていくにあたって、とても大切なものなのです。

自分は、どの様に日々の稽古に臨みたいか、それぞれの立場で表明する訳です。

何度も参加しているメンバーであっても、改めてこの場で話をすることは、とても意味のあることだと思っています。

 

b0605.jpg


そして、いよいよ稽古です。

「稽古場は和やかに、稽古は真剣に」

これは、演出家のモットーです。

初日から、しっかりと稽古出来ました。


b0606.jpg


 

その後は、大人の役者のIZM君と、H君と一緒にご飯を食べに行きました。

IZM君は、つくば公演にもひたちなか公演にも参加しているベテランの役者さんです。

何気なく話している会話の中で、彼の口から出てくる言葉の端々には、

「自分はどうしたら、一緒にいるメンバーがやりやすくなるか」

「自分はどうしたら、演出家の意図に添えるか」

という彼が大切にしていることが感じられます。

それを傍らで静かに聞いているH君。

こんな風にして、先輩から後輩へ、役者としての在り方みたいなものが伝えられていくのかなと、思いながら、二人を眺めていました。

この場にはいなかった他の大人の役者たちも、いつも、周囲に心を配り、稽古場では子供たちのお手本になってくれています。

 

クリエは、大人も子供も参加しています。

そして、子供も一人の役者として扱われます。

反面、稽古場の居方を始め、人としての在り方を、この様な大人たちから、そして、お兄、お姉と呼ばれる中高生から学んでいるのですね。

今回も、子供たちは、歌やダンスやお芝居の技術的なことだけでなく、人として大切なことを周囲から学びながら、作品に込められた「思い」にも深く触れながら、育っていくことと思います。

 

役者たちは、「何故舞台に立ちたいと思ったか」という"志望動機"から始まって、

「自分は何が出来て、日々の稽古で何を目標としていくのか」ということを"自己PR"やミーティングでのあいさつで「言葉」で表し、それを日々の稽古で実践していくのですね。

大人も子供も、学校や職場、家庭とはまた違うこの空間で、沢山感じ、学び、そして自己肯定していき、本番ではキラキラと輝く姿を舞台上で見せてくれると思います。

昨日、つくばカンパニーの10周年記念公演の幕を無事下ろすことが出来ました。

ご来場くださいました皆様、お力添えくださいました皆様に心よりお礼申し上げます。

 

10周年の記念に、つくばを舞台にした作品を上演出来ましたこと、大変嬉しく思っております。

フクロウ、森、公園、研究所、地元の農家、谷田部海軍航空隊飛行場跡地、筑波山・・・・・・これらのキーワードをつなげながら、作品をまとめて参りました。

フクロウは、つくば市の鳥、主人公の星咲雪乃は、つくば山の固有種でつくば市の花にもなっているホシザキユキノシタから、雪乃の父の上司は欅教授(ケヤキは、市の木で、市内のあちらこちらに見られる)という言葉も織り込んでいます。

登場する鳥たちは、つくば市内の公園の留鳥たちです。

沢山のつくばへの思いを込めて作り上げられた今回の作品です。

 

当日観劇の後に頂きましたアンケートに、「つくばの芸術教育の中心となっていくんだろうなぁ」と書いてくださった方がいらっしゃいました。大変ありがたいお言葉です。

地域に根差した劇団、地域で愛される劇団を目指して、精進して参ります。

 

今日からまた、20周年に向かって、新たな日々が始まりました。

今後共よろしくお願い申し上げます。

 

ありがとうございました

今朝、メンバーに一斉配信されるメールで、振付のみほからこんなことが配信されました。

 

 

おはようございます。

MNくん(高1)から、役者のみんなへメッセージです。

  

今回、MNくんは、大人の大事な役所の代役を務めてくれました。

昨日の通しのMNくんのお芝居、そして、1幕ラストのソロは、本当に素晴らしかったです。

そんな表(舞台上)でみんなを引っ張るだけじゃなく、役者たちへの声かけ、他の役者たちへの気遣いもしてくれていて、役者頭的な存在で、本当にみんなをしっかり引っ張っていってくれています。

役者としても、人としても、本当に素敵になりました。


b0601.jpg


 

同じ年のRYくんは、高校受験後、遅れての参加で、きっと最初は少し気後れしていた部分もあったはず。

でも、彼の持ち前の明るさでみんなを引きつけ、カラスのリーダーとして、しっかりシーンをまとめ、お芝居でも、ダンスでも、存在自体できちんとみんなを引っ張っていってくれています。


b0602.jpg

 

2人とも前回の公演から1回りも2回りも本当に大きく成長しました。

 

自ら考え行動する。そんな2人のキラキラした姿をその下の世代の子達は、しっかり、見て、感じて、受け取ってくれていると思っています。

 

そんな2人が、劇場入りしてからの心構えをまとめてくれました。

MN、RY、ありがとう!!

 

みほ

 

 

皆様、お疲れ様です。最後の稽古に、最後の通しが終わり、あとは場当たりと本番だ!という感じになりましたね!そこで!今回RYが、「場当たりと本番で気をつけなければいけないことをまとめないか」と言ってくれたので、数人で話し合ってまとめてみました!これを読んで、意識できたり、役者同士でも気づいたら言い合えると嬉しいです!

 

ちょっと時間がある時にでも読んでいただけたら幸いです!場当たりと本番で気をつけて欲しいことなので、当然のことながら場当たりの前までに読んでくれたらすごい嬉しいです!

 

いろいろと書きましたが、一番大事なのは役者自身が楽しんで舞台に立つことだと僕は思います!全力で頑張って、全力で楽しんで悔いのない舞台にしましょう!

それと、これを提案してくれたRYありがとう!


このメールの添付ファイルには、役者の劇場入りしてからの心構えが書いてありました。

クリエの役者は、小学2年生から大人までいます。大人でも初舞台の人や経験年数の浅い人もいます。

子供のころから役者をやっている高校生は、全体の中枢でもあるのです。ただ、クリエィティブスタッフは、彼らに、上から、ああしなさい、こうしなさいとは言いません。

決まりもすごく少ないです。

自分たちが気持ちよくいい舞台を作っていくにはどうしたらいいか、こうして考えて、行動してくことの積み重ねで、彼らは、いい大人になっていくのだと思います。

クリエの舞台の空気感は、こうして、彼ら自身が作り出しているのですね。

今回も、きっと、キラキラした役者たちが、素敵な表現をしてくれると思います。

皆様どうぞお楽しみに。
今回は、稽古場の様子もあまりお伝え出来ないまま、本番が近くなってしまいました。


最後の稽古場の様子をお伝えします。

 

午後からは、転換をやってくれる袖チームが入ってくれて、転換稽古。

ナンバーを聴きながら、

「・・・・・5678、ハイ、ベンチが出る」

とか、

「〇〇が下手に行ったら畑が出る」

「あ、ここは、少し後ろに出して」

クリエイティブスタッフから、細かい指示が出ます。

その度に、「はい!」と気持ちの良い返事が返ってきます。

 

役者も含めて、人も物もスムーズに出はけが出来るように、動線の確認、袖の指定、タイミングの指定が細かくなされます。

途中10分の休憩を挟んで4時間半、この空間にいる誰もが真剣に集中して自分のやることを覚えていきます。

本番の舞台上では、音楽、照明、役者の動き、道具や幕などの全てが、絶妙のタイミングで動いていきます。それら全てが一つになって「舞台」という空間を作っていくのですね。

 

夕飯の後は、衣裳を付け、ピアノの金ちゃん、音響の大石さんにも入っていただき、本番に近い形で、最後の通し稽古をやりました。


b0599.jpg
b0600.jpg

 

舞台に関わる人々は、役者は勿論、スタッフみんなが、頭は冷静に状況判断しながら、心は作品を深く感じながら作り上げていきます。

「生」の、そしてアナログのものが持つ大きな魅力です。

 

 

マチネのチケットは完売になりました。当日券もあります。

ソワレのチケットは、ご連絡戴けましたら、前売り料金で取り置きも出来ますので、劇団クリエまでご連絡ください。

029-274-7701

または、お問合せフォームからお願いいたします。

稽古場から

| コメント(0) | トラックバック(0)

クリエのブログを楽しみにしてくださっている皆様、大変ご無沙汰しております。

原稿を書いたままアップ出来ずにいた、原稿です。

間もなく本番です。

ワクワクして待っていてくださいね。

 

本番まで、あと2週末になりました。

この週末は、久しぶりに稽古場にいました。

 

土曜日は、作曲家の金ちゃんにも入ってもらって、スタッフさんの稽古見がありました。

 

下の写真は、通しの前に、演出家から話を聞くメンバーと、照明の田中さん、音響の大石さんです。


b0594.jpgb0595.jpg

稽古終わりには、集合写真を撮りました。


b0596.jpg

 

ひたちなかには、寝るだけに帰り、次の日もまたつくばへ。

新緑が芽吹き始め、つくばのベストシーズンの始まりです。


b0597.jpg 

日曜日は最後の全体ミーティングの後、前日の通しのダメだしがありました。

みんな、ノートにメモを取ります。

大人も子供も真剣に演出家の話を聞きます。

そう、大人だから、子供だからではなくて、大人も子供もみんな同じ役者、みんな真剣です。


b0598.jpg


この後もお芝居を作るチーム、歌の稽古のチーム、ダンスをやっているチームと、それぞれ充実の時間を過ごしました。

歌の録音

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週は、CD制作のための録音を、つくば、ひたちなか両メンバーと、作曲家の金ちゃんでしました。

 

録音が始まった火曜日からは、温かくなり、柳が芽吹き始めました。

春ですね~


b0591.jpg


 

私は、録音している所にはいなかったので、どんな感じかはわかりませんが、初めて参加したメンバーも「楽しかった~」と口を揃えて言っていました。

 

かなり順調にいったようです。

3日間軟禁状態だった、作曲家の金ちゃん、大変お疲れ様でした。

金ちゃんの穏やかで優しい対応のお陰で、初めてのメンバーもみんな、緊張せず楽しく出来たと思います。それが、効率よくやれることにつながっているのでしょうね。

きっと、素敵なCDが出来ると思います。

 

お客様から、「CDがあったらいいのに」とよく聞きます。

劇団員からも購入出来ますし、当日会場でも販売しています。

ご存知ない方も多いみたいですので、お知らせしますね。

ただ、数が限られていますので、出来れば、前以て「CD購入希望」と、お知らせ頂けましたらありがたいです。その時は、数を確保しておきます。

ホームページのお問合せフォームからご連絡を戴いた場合は、個別に対応させて戴きます。

 

 

この録音は、納得出来なければ終わりません。いつ終わるか、見えない中で、メンバーはベストを尽くします。

そのため、ご飯は、上原が心を込めて作ります。

一区切りつくとご飯になります。

 

写真はご飯の一コマです。


b0592.jpg


 

一日目の夕飯のメニューは、鶏むね肉のきのこホワイトソースかけと、サラダ、スープです。


b0593.jpg


 

間もなく4月ですね。

高校、大学に進学するクリエのメンバーも沢山います。

新たな場で、いい出会いがあり、いい経験が出来ますように。

ホームページを開くと、チケット発売中とあるのに、稽古場での様子が全然伝わって来ず、すみません。

つくばカンパニーは、公演に向かって頑張っています。

 

先週末は、合宿でした。

まだまだ粗いですが、通しました!!


b0590.jpg


 

衣裳デザイナーの小松さんからデザイン画が上がって来て、縫製も始まりました。

 

チラシも、今回もなっちゃんが絵を描いてくれて、I君がデザインしてくれて、田澤さんが写真を撮ってくださって・・・・・

チケットと共に、成田商事さんから届きました。

 

これから、作品がどんどん作り込まれていきます。

プライベートでは、それぞれ、進級や進学があり、忙しい時期ですが、クリエっ子の持つ切り替え力と集中力で乗り切っていきます。

 

東京から桜の開花の便りが届きましたね。

お話の舞台になっているつくばも、間もなく桜が咲き、そして、公演があるころには、新緑が美しい季節になることでしょう。

皆様、是非、新緑のつくばにお越しください。

 

公演の日のお勧めは、昼間は、新緑と田園風景が美しい筑波山コース。ロープウェイで山頂まで行けます。男体山ではホシザキユキノシタという筑波山の固有種の花を見つけられるかも知れません。そして、夜公演を観劇。

または、昼間、つくばの街を散策し、夜公演を観劇。

昼公演を観劇後、パンフレットに載っているお店で夕飯。

色んなパターンが楽しめます。

 

前回公演は、チケットが完売してしまい、購入できなかったお客様、せっかくお越しいただきながらご覧になれなかったお客様が多数いらっしゃいました。

今回は、お早めにご購入ください。

ホームページからもご購入いただけます。

 

新緑の並木が美しいつくばへ、どうぞお越しください。

6年目の311日が過ぎました。

今年は、上原が主宰している音楽教室の発表会でした。

 

6年前の311日は、発表会を1週間後に控えた金曜日でした。準備が整い、いよいよ発表会という時でした。ホールが閉鎖され、発表会は中止を余儀なくされました。

 

それから1年後の311日に、2年ぶりの発表会が開催されました。

1年間の様々な思いを胸に、日常があるありがたさを噛みしめながら、そして鎮魂の思いも込めた発表会でした。

 

何かの巡り合わせでしょうか、今年も311日に発表会が開催されました。

2才から小学4年生までの発表会ですので、6年前には、まだ生まれていなかった子、幼くて記憶にない子が多くなり、月日が経つことの速さを感じました。同時に、どんなに月日が経とうとも、哀しみが消えない人々のことも心から離れません。

そして、今でも、原発事故の緊急事態宣言は解除されていないことや、避難生活をしている方がたくさんいらっしゃることを考えると、「あの日」は、現在進行形なのだなあと思わざるをえません。

 

「日常」があるということに感謝しつつも、いつ、何に巻き込まれるかわからない、この日常が失われるかわからないという不安を心のどこかに持っているのは私だけでしょうか?

 

だからこそ、「今」があることに感謝し、「今」出来ることを大切にしようと、改めて思った3.11の発表会でした。

 

発表会には、毎回、沢山のO.B.O.G.、劇団員がお手伝いしてくれます。

今回も、沢山のお手伝いのメンバーに支えられて、楽しい発表会になりました。

写真は、発表会後のお手伝いメンバーの食事会です。

b0589.jpg