2012年04月08日
 ■  ひたちなか始動20120330

水戸・ひたちなかから,ジャックです。
ご無沙汰しております。

稽古が大詰めを迎え,ますます忙しくなるつくばメンバーの皆さん,
ひたちなかメンバーも,つくば公演を楽しみにしています!!

先日,
ひたちなか公演の稽古に先駆けて,ワークショップが開かれました。
小学生11名,
中学生以上12名
の2部構成。


久しぶりに集うメンバー達,
初めて出会う人達。


これが,クリエ。
みんなが楽しく,充実した時間を過ごす。
その中に,技術の向上,仲間との助け合い,自己の成長がある。
舞台に立つ役者だけでなく,関わる全ての人たちの中に同じ気持ちが繋がっていく。
クリエって凄い。

クリエの魅力って何だろう…
ストーリーがいい!
生きていくことのすばらしさ
生きていくことの意味が台詞や歌詞にこめられている
音楽がいい!
公演が終わり,時が流れても,日常にふとよみがえるリズムと歌詞…
「前を向いて歩いていこう♪後ろは振り向かない,明日に向かって歩いて行こう♪」
震災時に,このリズムを何度口ずさんだことか…
「生きていることに感謝して,今ある仕事に精を出す♪」
あたり前の日常に,感謝できるすばらしさ…
ダンスがいい…
個人のダンスも魅力だが,M1に始まる全体でのダンスには迫力がある
個人プレーだけには頼らないクリエの心がこのダンスにはある
みんなで作りあげていく感がいい!
スタッフ・役者を始め,それを取り巻く親や地域の方,過去の出演者…
素人もたくさんいるけれど,みんながクリエを盛り立てる
そして…
クリエのミュージカルを通して
私達がそのテーマに向き合い,そして観客の方々・地域に伝えていく…
さあ,ひたちなか公演のオーディション受付も始まりました。
ひたちなかも第21回ひたちなか公演に向かって
動き始めます。

投稿者 ジャック : 10:40 | コメント (0) | トラックバック
2012年04月01日
 ■  歌録りが終わりました

週末の合宿に引き続き、火曜日から3日間、歌録りがありました。

歌録り一日目、森の精の歌の収録。1曲1曲がなかなか大変で、日付はすでに次の日に。


時刻は午前3時。
「まだ、終わらない?」
「あと1曲なので、録ってしまいます。」
結局終了は午前4時。

そして次の日は、やっぱりギリギリまで寝ていて、朝ごはんも食べずに開始。
ただ、前日よりもスケジュールも余裕があって、昼食も取れたし、歌を録ってくれている金ちゃんもシャワーを浴びることができました。
夜も白ワインとクリームパスタで、和やかなひとときを過ごしました。
金ちゃんが音楽を始めて、作曲家&ピアノストになるまでのお話も聞くことが出来ました。
高校生になって、独学でピアノを弾き始めたという金ちゃんですが、すてきな即興演奏も聴かせてくれました。


いよいよ最終日。
何が何でも、収録を終わらせなければなりません。
本当に真剣に、何度も何度もトライします。
オリジナルの作曲者ちあにいも、色々アドバイスしてくれます。
金ちゃんから、なかなかOKが出なかったり、歌った本人が納得しなかったり、本当に歌を録音するって、大変なのです。
結局電車で帰るメンバーは、予定より1時間遅れて電車に乗りました。
夜の9時ごろ、やっと、全ナンバーの歌録りが終わりました。

スタジオの2階では、すでに7時ごろから、ジャックさんと上原が熱く語り合っていました。
そこに大人の歌録りメンバーが合流しました。
音楽について、教育について、クリエについて、話は尽きなく、時間が飛ぶように過ぎていきました。



参加してくれたメンバーは、本当にお疲れさまでした。
特に2日間、3日間ずっとやっていたメンバーは、きつかったですよね。
この3日間、作曲家の金ちゃんは、クリエのスタジオに軟禁状態で、ずっとヘッドホンの声に集中していました。体力も精神力もけっこう限界に近かったのではないかと思います。

外は、日に日に春めいてきています。
歌録り2日目、土筆(つくし)を見つけました。


投稿者 上原久栄 : 12:50 | コメント (0) | トラックバック