2012年02月21日
 ■  2月半ばが過ぎて

寒い日が続いていますね。
昨日、今朝と我が家の犬の水が凍っていました。3cm程の氷が張っていて、たたいてもびくともしないくらいです。

みなさま、風邪などひいていませんか?
インフルエンザもまだまだ流行っていますね。

つくばの稽古場は元気ですよ。
芝居作り、振付がどんどんすすんでいます。
2月中に一幕、3月中に二幕、合宿では通しが出来るように、という目標で頑張っています。

主人公マークとロブが出あう森の民。
父、母、長女ララ、次女リリ、三女ナラ、四女ルリ、そして婆様。

三女ナラは、つくばの第1回公演からすべての公演に参加しているIちゃん。
今回は「くらしの歌」のソロを歌います。
実はIちゃんは、上原のピアノのお弟子さんで、伴奏付けや即興演奏を学んでいます。


四女ルリは小3のKiちゃん。ベテランメンバーや大人たちに混じって一緒の振付を頑張って覚えていました。
まじめで頑張りやさんのKiちゃん、お姉さんたちと一緒のチームなので、少し甘えてくれてもいいよ、って思っています。


他に、父親はひたちなかでは王様だったケンケン、母親は大学院に進学予定のしもりぃ。22歳で4姉妹のお母さんです。
長女ララは高校生になるYuちゃん。次女リリはRiちゃん。
対照的な性格の二人です。学校の演劇部では先輩、後輩です。
そして婆様はまだまだ若い23歳のなっちゃんです。

2月半ばが過ぎて、稽古期間が折り返し点に来ました。
これから、家族として、もっともっと気持ちが一つになっていくように頑張っていってくれると思います。

投稿者 上原久栄 : 2012年02月21日 23:06

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kurie1992.or.jp/bin/mt-tb.cgi/279

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)