2011年11月21日
 ■  忙しい日常の合間

ひたちなか公演が6日に幕を下ろして、その週の土曜日は朝から仕事、夕方からピアノのコンサート。

そして翌日は、午前中つくば公演のオーディション、午後は監査、夜は理事会。
朝8時半過ぎに家を出て、戻ったのが夜遅く。

1週間に2曲分の詞を書いて・・・・・
勿論、ピアノのレッスンをしながらです。

つぎの週の日曜(昨日)は、午前中総会。
午後はダンスフェスタにみんなは参加。こちらも行きたかったのですが、上原は、写真展に行きました。
夕方から、公演の荷物や衣裳の片づけ。
道具班にカレーをごちそうしました。
お皿を洗い終わったのが、夜中の12時半。

水曜日(勤労感謝の日)は、朝から教室でミニコンサート。終わったらすぐに電車に乗って東京へ。作曲家との打ち合わせ。
きっと帰宅は夜中ですよね。
でも、木曜日から1週間ピアノのレッスンはお休みします。

木曜日は学校に行って、一日授業。

金曜日は事務局会議。

日曜日は、つくばの追加オーディションと顔合わせ、初日の稽古。

その間に、つくば公演の台本書き。

公演が終わっても、まだまだこんな上原の日々です。


公演までは、あの大きな海を表した布が出来上がるかと、ドキドキしながら毎日毎日オーガンジーの布を大きな布に縫い付けていました。
お陰で、紅葉も目に入りませんでした。

つくばへの高速道路を走りながら、木々が色づいていることに気づきました。
ああ、秋ですねえ~なんて感慨深く景色を眺めていました。


昨日は、震災後初めて県民文化センターに足を運びました。
ここで開催されている写真展を観るためです。
文化センターと秋、沢山の音楽会の思い出と重なります。
その文化センターの大ホールは閉鎖中で、震災でガラスが割れたのでしょうか、窓のあちらこちらがべニアの板で覆われていました。


写真展では、12人のプロカメラマンの作品が展示されていました。
それぞれが個性的で、アイデンティティを持っていて、私にとっては、どれもとても新鮮でした。
次回つくば公演の台本の構想があたまから離れない日々。
これらの写真からも沢山のインスピレーションをもらいました。
自然の上に立つヒトの目線ではなく、自然の中の生き物の一つとして、生命を見つめてみたいと思いました。

忙しい日常の中、ちょっとした非日常が心身ともにリフレッシュさせてくれます。
ご案内をくださったカメラマンの田澤純氏に感謝です。

改めて、秋の空気をしみじみと感じてきました。



投稿者 上原久栄 : 2011年11月21日 23:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kurie1992.or.jp/bin/mt-tb.cgi/256

コメント

ケンケンです、お疲れ様です。

やはり上原先生は、お変わりなくご多忙の日々をお過ごしでいらっしゃるのですね。

美しいものや、尊いもの、深刻なもの、等々、そういった物事を先生が経験されたり、お感じになったりして、クリエの作品が生まれるのですよね。そういう意味では、どんどんお忙しくなさってください!(笑) 
先生が多方面で今後も活動なさることで、今後の作品への期待がますます高まります。(と勝手なことを申してしまいました!)

投稿者 王様ケンケン : 2011年11月24日 17:46

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)