2011年09月25日
 ■  3日連続稽古

23日(金)から3日連続稽古です。

1日目の午前中は、公演会場のワークプラザの多目的ホールでの舞台稽古。





いつもと違う会場で、声や音の回り具合、客席からどんな風に舞台が見えるか、舞台の作り、役者の舞台上での感触などなど、色々調べてみました。

そして、午後も夜も、場面作りやら、振り固めやら、歌稽古やら・・・・稽古 稽古

2日目も稽古。
上原は仕事で稽古場には行けませんでしたが、今(午前2時近く)、このブログを書きながら、他のスタッフの打ち合わせを横目に見ています。

明日は、最後の場面を詰める予定です。

この3日間の稽古から、合宿にかけて、稽古は大きな山を迎えます。
クリエイティブスタッフは、今は作品の事で頭がいっぱい。

火曜日には、衣裳の布を買いに行ってきます。
これから、衣裳の縫製、大道具の制作など、本番に向けて大詰めを迎えます。

投稿者 上原久栄 : 02:10 | コメント (1) | トラックバック
2011年09月20日
 ■  稽古 稽古 稽古!!

昨日は、殆どの小学生が運動会明け。
それでも、しっかり場面を作って、夜は通し。
久々に、素子ちゃん、美穂ちゃんの二人の振付師、そして、今回の「瑞宝」を作ってくださるリチャードソン萩沼和代さん、稽古を観てくれました。
そして、音響のさおりちゃん、のっちも稽古に参加してくれました。
のっちは、クリエ出身で、音大で声楽を専攻した異色のプロの音響さんです。さおりちゃんもクリエの舞台に中学生の時に立っていました。

元気に始まった通しですが、だんだんと疲れが出て来て・・・・・・・
本番だって、これくらいハードですから、今から少しずつ慣れていかないとね。

そして、素子ちゃん、美穂ちゃんには、サプライズで、メンバーからの誕生日のプレゼントが手渡されました。
二人は同じ年齢で、誕生日も近く、感じるものや大切にしているものも近いものがあるから、こうして長い間一緒に振付の仕事をしているのだと思います。



今日は朝9時から11時間稽古。
午前中はみっちりダンス。
午後は、段取りの変更とその確認など。
ご飯休憩の時に外に出ると、何と、肌寒い風が。
秋ですねえ。
夜は、各チーム毎の稽古。

稽古、稽古の2日間でした。

来週は、3日連続稽古。

公演まで、心地よい充実した日々が続きます。

投稿者 上原久栄 : 23:56 | コメント (0) | トラックバック
2011年09月17日
 ■  最後の歌

今、本編最後の歌の詞を書いています。

このお話を書こうと思った時からずっと感じていること、最後に何をお客さんに伝えようか、どんな言葉で伝えようか・・・・・・

詞を練る時はいつもノートとにらめっこです。
でも、にらめっこだけでは、イメージも、言葉も、私の所にはやってきてはくれません。

そういう時には、場所を変えて、違う空気が体と頭に入ってくるようにします。

今日は、気分転換も兼ねて、よく行くパスタ屋さんに行きました。
そこで、大体書いてきたのです。

パスタ屋さんは田んぼの中にあります。
田んぼでは、稲刈りが始まっていました。


公演まであと1カ月半。
残暑は相変わらず厳しいですが、少しずつ秋がやってきています。

投稿者 上原久栄 : 18:42 | コメント (0) | トラックバック
2011年09月11日
 ■  創る

チラシが刷り上がって、今日の稽古時、メンバーに配られました。


絵は、なっちゃんが描いてくれました。
どんなお話で、人々の心はどこに向かって行くのか、想像力が掻き立てられる絵ですよね。

今回は、衣裳デザインを、小松洋紀さんにお願いしました。
その衣裳プランをなっちゃんが見て、このチラシの絵を描いてくれました。
そして、この絵を見て、頭の中に舞台美術プランが湧いてきました。


台本を書いたのは3月初旬。あの大地震の前です。
その数日前、「宝探し」のお話にしようという演出家からの提案があり、みんなでご飯を食べながら、どんな宝探しが面白いか、思いつくまま話をしてもらいました。
その後、「宝島」を読み直し、シルバー ジョンにドキドキし・・・・・石造りの古い街が舞台のお話を考えました。

それから半年。
沢山の人たちの手、そして思いが加わり、台本を書いた当初には思いもよらなかった世界が作り出されようとしています。

今回もまた、いつもの「クリエ」、そして今までとは違う「クリエ」、この両面をお楽しみ戴けると思っています。


沢山の人が集まって、一つの舞台を創る。
一人では想像出来ないものが創られていく不思議な面白さがここにあります。

投稿者 上原久栄 : 23:18 | コメント (0) | トラックバック
2011年09月08日
 ■  すっかり夏休み

上原です。
バタバタとした夏休みで、ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。

稽古場にも歌の練習以外は殆ど顔を出さなかったので、先週末は、久々の稽古でした。

通しが始まる前のご飯休憩の様子を見ていても、和やかな雰囲気が伝わってきました。
こういう雰囲気は、自然に出来てくるものでは無くて、メンバー一人一人が、心がけたり、配慮したりしていかないと、出来てこないものですよね。

女の子たちが着けているピンクのシュシュ。


これは、王家に仕える王子の付き人役にお妃様がプレゼントしてくれたそうです。
プレゼントも嬉しいけれど、それをこうして着けている中学生(一人小学生)の女の子たちの気持ちも嬉しいですよね。王子とお妃様には王様が稽古用のTシャツをプレゼントしたという話も聞きました。


そして、男の子は男の子同士で、女の子は女の子同士で、何だか楽しそうにしていました。
こんなに年齢の幅があっても同性が何となく集まって来るのは、年長者が配慮しているからでしょうね。



大人や、お姉、お兄たちがきっと優しいからです。
彼らに感謝ですね。

これは通しの前の「輪」です。


私があまり関わっていない間に、大分芝居も出来ていて、最後までの通しを見ました。
全体が見えてきた感じです。
以下はM1の写真です。



チケットが来週から発売になります。
皆さん、本番を楽しみにしていてくださいね。

投稿者 上原久栄 : 23:54 | コメント (0) | トラックバック
2011年09月01日
 ■  本番モードの入り口       ちあにい

お久しぶりです!!
って~ブログ上は2連発ですが・・・
しばらくの間ブログを留守にしていました。苦笑

稽古場は,少しずつ本番モードに入りつつあります。
今回の公演に向けての第6回全体ミーティングも行われました。
制作上の事,事務的な事,などなど子供役者には「???」まで共有する空間。笑




でも,僕はこの空間・・・空気感?
大切にしています。
第1回ミーティングでは,あくびをしていた子も,第6回ミーティングでは,大人顔負けの真剣な表情になってたりねっ((笑
まっ!裏方の大人や保護者スタッフも役者顔負けの必死さですからね!!笑
「???」でも,そりゃビリビリッと伝わります。
本当感謝,感謝。


そして夕食時は,もちろんoff !
ってか on ?!笑
こういう表情は,すてがたい!!
ってか,この表情を見るために,真剣な時間があるのかな?
とも思ったり。


そうそう。
今回の公演のテーマソングのカットを近々ホームページで公開しようと思います。
写真はテスト録音時のものなので,いい表情というよりは苦悶の表情ですが。笑
作品は,なかなかの出来!!
こちらも,楽しみにしていて下さい!!

投稿者 ちあにい : 23:55 | コメント (0) | トラックバック