2011年06月27日
 ■  久々のイベント参加

掲載したチラシの様なイベントに、つくばでワークショップを受講しているメンバーが参加します。

初級のクラスを受講しているSaraちゃんの絵の先生、現代アーティストのエリザベス ロブレスさんからのお誘いです。

みんなで「ひんやりエコポケット」を作ります。その収益を仙台の教会を通して、被災された方に届けるとのことです。

クリエのメンバーはオープニングで新作のM1を歌って踊ります。

このお話を頂いてからイベントまで、日が余り無かったのですが、「私たちも何かしたい」という思いもあり、参加を決めました。
そして、復興応援の歌にはやはり新作M1「未来へ!!」が相応しいとのことで、足りない所もありますが、私たちの思いを精いっぱい歌とダンスで皆さんに伝えることにしました。

他にも、エリザベス アート スクール の子供たちのライブペインティングや、紙芝居などもあります。紙芝居の絵はエリザベスさんが描かれたものだそうです。

お近くの方は、是非いらしてください。

2011年7月3日(日)1:30PM~4:30PM
デイズタウン 一階特設会場(つくば市竹園1-9-2)

 


投稿者 上原久栄 : 23:29 | コメント (0) | トラックバック
2011年06月14日
 ■  ひたちなかは今

大震災から3カ月が経ちました。
震災直後から、東京から鹿児島まで、本当に沢山の方々から「大丈夫ですか?」というメールを頂きました。当日は、「無事、電池ない」という返信がやっとでした。そのうち、携帯電話の電池がなくなり、メールも受け取れなくなりました。停電で充電出来なかったのです。

その後も、メールや手紙、お見舞いの品々など、沢山頂きました。
遠くからこのブログを見てくださっている方も沢山いらっしゃるので、この場で近況報告をいたします。

今日は、クリエのスタジオの近くを走る国道6号線の路肩の陥没した所の復旧工事をしていました。まだまだ毎日、どこかしらで道路の復旧工事が行われています。高速道路も水戸南インターからひたちなか方面は「地震50Km規制」との表示が出ています。

屋根や塀の工事は、殆どが手つかずです。
今も多くの家の屋根がブルーシートや防水シートで覆われています。
工事が出来るのは2年後とも3年後とも言われています。

クリエから数分の所に「ルネサス」という会社の工場があります。
この会社は、自動車のマイコンの世界シェアの40%を占めるそうで、テレビなどでもしばしば報道されていました。
24時間体制での必死の復旧作業の結果、予定よりかなり早く工場が再稼働し始まりました。(当初は8月と伝えられていました。)
まだまだ、完全復旧にはほど遠く、今も復旧作業が続いているようです。

お魚市場など、津波の被害に遭った所も、少しずつ復旧してきているようです。
たんぼは、例年より3週間ほど遅れて田植えが終わり、日々緑が色濃くなってきています。

水戸ミュージカル教室でお借りしていたビルもまもなく取り壊される予定です。クリスマスコンサートもやったりと、思い出がある場所が無くなるのは、淋しいですね。

クリエのメンバーも、人的被害こそありませんでしたが、それぞれ何らかの被害を受け、経済的な負担や、精神的な負担は決して小さいとは言えません。
家が半壊してしまったメンバーもいます。
東北に親戚の方がいらして、津波の被害に遭われた方もいらっしゃるそうです。

こんな状況の中ですが、M2の振付、M3の歌入れ、と、稽古は進んでいます。
こんな状況だからこそ、自分たちが経験したことも含めて感じるものや、作品に込める思いも、大きく深いに違いないと思うのです。

昨日の稽古の最後には、もっともっと困難な状況にある多くの方々にも思いを馳せながら、M1を歌いました。

以下M1の冒頭の歌詞です。

♪静かな 空見上げ
 遥かな 夢思う
 風が通り過ぎ 心が揺れる

 求める未来など
 何処にも無いと
 ふと振り向けば 君の笑顔・・・・・・


少し前になりますが、クリエの近くのお宅に咲いた花の写真を載せます。




ひたちなかは今、たんぼには白鷺が舞い降り、夜になるとかえるの合唱が響き渡り、自然は、何もなかったかのように、季節を塗り替えていっています。

投稿者 上原久栄 : 23:35 | コメント (0) | トラックバック