2011年04月07日
 ■  つくば インターナショナル スクール

昨日は、つくばインターナショナルスクールに、校長のシェイニー先生を訪ねて行ってきました。

実は、あの地震の数日後、校長の加納正康先生がくも膜下出血で急逝され、シェイニー先生が校長先生になったばかりなのです。
シェイニー先生は、つくばのカンパニーのメンバーで、「ジャンブリーニ国の冒険」では、王女様を演じてくれました。
そんなご縁で、スクールのために、私たちにも何かお手伝いが出来ないかと、演出の順、振付の美穂と共に彼女の元を訪ねたのです。
順はここで、クラブ活動としてミュージカルを作っていて、3月24日に発表の予定でした。その続きを5月にやれることになりました。勿論、美穂と私も手伝います!!
クリエを応援してくださっていた加納先生のご遺志をシェイニー先生が継ぐお手伝いを少しでも出来れば、嬉しいと思っています。

つくば市の郊外にあるTIS(つくば インターナショナル スクール)。ログハウスの教室には木の机と椅子。様々な国の子供たち。気軽に「Good morning」と声をかけてくださる先生方。ここは、未来に、そして未知のものにつながっている、そんな感じがしました。

暖かい日差しの中、庭には桜の花が咲いていました。この1カ月ほどの間の出来ごとなど、何も無かったかのように穏やかに、優しく。



投稿者 上原久栄 : 2011年04月07日 23:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kurie1992.or.jp/bin/mt-tb.cgi/225

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)