2009年11月25日
 ■  稽古場の片隅より      ちあにい

皆様、いかがお過ごしですか?!
いよいよ、劇団クリエのクリスマスコンサートもカウントダウン!!
と熱の入るこの時期。

・・・これから冬本番!!といったこの季節。
稽古場の片隅で、春っぽいというのかな~?
僕好みの光景を目にしました。


・・・バックが冬だから、やっぱり冬か((笑

小学生2人。
空き時間を利用して、クリスマスソングの確認をしている様子。
なんだかね。
小さな芽。
ひょこっと顔を出した双葉のように見えてしまいました。
1人は、生まれた時から知ってるしねっ・・・笑顔


こんな光景も。

普段は、別々に活動している、ひたちなかメンバーと、つくばメンバー。
ひたちなかメンバーが、つくば公演にも参加!!
といったパターンは多いのですが、今回はつくばのお姉が2名、ひたちなかの稽古場に来ています。
つくばのお姉に、すっぽり収まっています。

こんな光景も、あと1か月!!
この瞬間に感謝して、大切にしていきながら、23日を迎えましょっ!!

あ~っと!!俺もやらねば!!!笑

投稿者 ちあにい : 23:07 | コメント (2) | トラックバック
2009年11月15日
 ■  boys team 振付

今日は稽古はお休み。
なんとも心地よい一日でしたねえ。
のんびりぼっこ広場にやぎのサイモンとキイちゃんに会いに行った人はいませんか?

こんないい天気なのに、boys teamは、一日振付でした。
今回は、卓也君が、boys teamの振付を担当します。

朝10時からストレッチが始まりました。
一つ一つ、伸ばす場所、伸ばし方などなど、とても丁寧です。
卓也君の優しさがにじみ出ています。


この後、午前中は、どこでどう体を使うとカッコ良く出来るか、とか、今回の振りのポイントを、パーツ毎に、これまたとても丁寧に教えていきます。
それを一生懸命に聞いているboys teamのメンバー。




卓也君と彼らの温かい信頼関係みたいなものが伝わってきます。


午後は振付です。
集中してどんどんこなしていくメンバーにびっくり。
たった一日で、これだけ出来るようになるなんて!!


実は、彼ら、全員小学生なのです。
早いテンポで踊っているのを写真に撮るのは難しくて、あまり上手く撮れないのですが、何だかメチャクチャカッコイイのです!!
本番が楽しみです!!


あまりの一生懸命さに、稽古場に居合わせた大人たちからラーメンのプレゼントがありました。
6号国道沿いの田彦という所に出来た「六三四(むさし)」のラーメンです。





クリエのモットーは、稽古は真剣に、楽しく和やかに、目指すものは高く。
卓也君は小2の時からこんなクリエの中で育ちました。
温かく丁寧な指導をしている彼の後姿に、「クリエっ子」を感じました。
そして、それに続く「クリエっ子」たちにも頼もしさを感じました。

投稿者 上原久栄 : 23:46 | コメント (0) | トラックバック
 ■  赤ちゃんが生まれました!!

今回のChristmas Concertのプログラムに入っている「になちゃんとやぎたちのクリスマス」、この舞台になっているのは「のんびりぼっこ広場」です。
そこにやぎのサイモンとキイちゃんがいます。

先日、この2匹のやぎの間に赤ちゃんが3頭生まれました!!
音楽担当の金蔵さんが取材を兼ねて訪ねた時は、キイちゃんが大きなお腹をしていたそうです。


皆さんも「のんびりぼっこ広場」に行くとかわいいやぎの赤ちゃんに会えますよ。
そして、この2頭が登場するミニシアターも楽しみにしていてください。

投稿者 上原久栄 : 01:10 | コメント (0) | トラックバック
2009年11月10日
 ■  クリスマスってなあに

みんなクリスマス、クリスマスって言うけれど、「クリスマスってなあに?」って聞くと、多くの子供たちは、「プレゼントをもらう日!!」「サンタさんが来る日!!」と答えます。
「なぜプレゼントをもらうの?」と聞くと「サンタクロースの誕生日?」などという答が返ってきたりします。
「え?サンタクロースは自分の誕生日だから子供たちにプレゼントをあげるの?」
「う~ん・・・・・」

ここで私は「クリスマスってなあに」という絵本を出すのです。
伊規須敬子(いぎすけいこ)さんが書いた小さなこの本にはかわいらしく温かな絵と共にこう書いてあります。

クリスマスってなあに……?

クリスマス・ツリーをかざるひ……

サンタクロースのやってくるひ……

くつしたをさげてねるひ……

クリスマスプレゼントをもらうひ……

ケーキをたべるひ……

リースをかざるひ……

ローソクをつけるひ……

クリスマスってなあに……?

ほしのたくさんでているよるでした……

ベツレヘムのうまごやで かわいいあかちゃんがうまれました

かみさまのひとりごイエスさま

わたしのこころをてらすため

みんなのこころをてらすため かみさまからのおくりもの
これがクリスマス

イエスさまのおたんじょうを こころからおいわいするひ

みんなで こころから おいわい いたしましょう
「クリスマスおめでとう」

読み終えると、子供たちはそれぞれに「へえ~」というようなリアクションを取ります。
クリスマスについてわかりやすく書いたとてもすてきな絵本なのです。
今から25年以上も前に勝田教会の牧師、二の宮幸雄先生から戴いた私の宝物の一つです。

さて、先日の稽古の時に、この絵本をみんなに読んで聞かせました。



そして、心ある人が「貧しい子供たちも、人々も、クリスマスのお祝いが出来るように」と、施しをしたのがサンタクロースの始まりだという話もしました。

クリエのクリスマスコンサートが、観にきたくださる方へのすてきなプレゼントになることを願っています。

投稿者 上原久栄 : 00:49 | コメント (0) | トラックバック