2009年05月28日
 ■  まるで「建設ラッシュ」…

先週の稽古でキャストが発表されたばかりなのに、その後3回の稽古で、1幕の全体像が見えてきました。これは、かつてないほど、ものすごいスピードです。

クリエの作品は、全てオリジナル。
ストーリー、音楽、ダンス・・・クリエのスタッフが、全くの白紙の状態から創り上げるのです。
その過程は、まるで建築現場のよう。
まず、脚本家が真っ白な紙に、デザイン画を描く。
演出家、作曲家、振付師は、それを設計図にしていく。
オーディションで役者が揃うと、現場での建設が始まる。

まず、役者全員によるM1。
これは、基礎、土台ですね。
作品全体に込められたメッセージが、このM1に凝縮されています。
オープニングとエンディングの1曲。
2時間もの作品の中の、ほんの6分のこの曲ために、何日もの稽古時間を費やすのです。

そして現在、その土台の上に、いくつもの棟が姿を現し、土台のほぼ半分がうまった感じ。
今日は何と、3つの棟が同時に建設されていました。
子ども達、侍女(お姉さん)達、手下(大人)達に分かれて、一つのフロアで同時に稽古。
次々に振りが付けられ、芝居に動きが入り、同時に台本が細かく修正されていく。
役者の皆さん、よく覚えられるよな~と感心すること、しきり。

こうして、2場、3場・・・とシーンが創られ、
最終的に全16場、13曲のナンバーから成る作品となる、予定。

予定、というのは、これが変更になることが、しばしばあるのです。
昨年の「金色姫ものがたり」では、「天竺台本」なるものが途中から出現。
最初の台本には無かった「天竺」シーンが数々挿入され、曲も追加されたのです。

毎年の事ながら、この「創り上げる」過程がおもしろいのです。
バラバラにつくったシーンがつなぎ合わされたときに、突如出現する建物の全体像。
完成予想図を頭に描きながら、クリエイティブスタッフが修正を加え、役者達はそれぞれの部位を磨き上げていきます。
そして、衣裳・道具・メイク・照明が装飾を加えます。

さあ、これから本番まで、どれだけ作品の完成度を高めることができるか。
あと2ヶ月とちょっと、今年はスタートダッシュ、短期決戦です。

毎回の稽古で、今のように順調に建築が進めばいいのですが、
これがしばしば頓挫するのです。
でも、その頓挫しているかに見える時間が、クリエにとっては大切な時間。
作品やセリフに対する理解を深める時間。
役者達が成長している時間。
稽古が進まない苦しみ、思うように表現できないもどかしさ。
「ついていけない」と投げ出したくなるとき。

それをじっと見守り、優しく、根気強く導いてくれるクリエイティブスタッフ陣。
一緒に悩み、励ましてくれる仲間達。
様々なことを乗り越えて、一つの作品を創り上げたときの喜び。
その喜びが、次の舞台に向かうエネルギーとなる。
その喜ぶ顔見たさに、保護者達も裏方でサポートする。
そして、一緒に作品を創る喜びを味わう。

今は、芝居創り、振付がどんどん進み、稽古がとても楽しいとき。
子ども達は、次の稽古を心待ちにしています。




投稿者 ジャック : 23:34 | コメント (0) | トラックバック
2009年05月25日
 ■  クリエという空間

先日もつくばのクックとカレンのことを書きました。というより、戴いたメールを転載しました。

そして、昨日も、素敵なメールを戴きました。
ひたちなかクック役のR君のお母様からです。


今年はとても大きな役をいただき、Rより私の方が緊張しています(汗)
本人は・・・というと、多少の緊張はあるものの、オーディションの時に上原先生に歌を誉められたことが、ことのほか嬉しかったようで、この先厳しくなるであろう稽古のことなど、想像だにしていない様子です。

クックを通して、メゲのメッセージを通して、たくさんの事を学んでくれることを願っています。

前回、金色姫のタイトルロールだったMちゃんが、メールでRを励ましてくれました。
クリエは特別な場所です。
やさしさが満ち溢れています。
今年もこの場所にいられることに感謝して、親子共に頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


そうだったんだ・・・・と、前回の金色姫の時のことを思い出してみました。
その時は金色姫役のMちゃんを、前々回ニース役(主役)だった、Kちゃんが、本当に良くフォローしてくれていました。

Rママの「クリエは特別な場所です。優しさが満ち溢れています。」の言葉の通りです。
みんな凄いですよね。

クリエのメンバーは、ただ優しいだけではありませんよ。
先週、キャスト発表があって一週間。
今週は、殆ど皆が一幕のセリフは覚えてきていて、かなり充実した稽古ができました。
覚えてきただけではなく、役のこともそれぞれ考えているようで、一度本読みをしたら、もう、台本を離して立ち稽古に入れるのです。
稽古場の写真を撮って載せたいのですが、ついつい、稽古に見入ってしまって、気がつくと、写真を撮らずに稽古が終わってしまっています。
来週は、是非、稽古場の写真を撮りたいと思っています。

投稿者 上原久栄 : 21:31 | コメント (0) | トラックバック
2009年05月17日
 ■  稽古場で

昨日はキャスト発表があって
もう、今日はそれぞれのポジションでの振付や芝居作りが始まっている

稽古場での顔、顔、顔・・・・・・
沢山の顔
色んな顔
大人の顔、子供の顔
顔、顔、顔・・・・・・

みんな違う顔だけれど、
みんなとてもいい表情をしている

みんなとても楽しそう
でも、みんなとても真剣

和やかなのに
緊張感のある稽古場

これからこの「ジャンブリーニ国の冒険」を創り上げていく中で
この作品に込めた作家の思いを更に深く知っていくとき
これらの顔はどんな表情になるのだろうか

それを見るのがとても楽しみ
だから稽古場が好き
だから人が好き
だから舞台が好き


一人一人の感じるものを大切に作っていくから
演じる人が違えば
同じ演目でも違う舞台になっていくはず
つくばとひたちなかもきっと違うはず
これもクリエの舞台の楽しみの一つ
これもクリエの舞台の良さの一つ

投稿者 上原久栄 : 23:18 | コメント (0) | トラックバック
2009年05月16日
 ■  残務整理 事務局会議 ひたちなか稽古etc. etc.

つくば公演が終わって、まだまだ、残務が続いています。
チケットの整理、収支の整理、事業報告書の作成、そして、7月から再開されるワークショップの準備・・・

金曜日は事務局会議でした。
「今夜のおやつ(夜食?)」は、知ちゃんから、手作りのパウンドケーキでした。
忙しい中にも、和やかな余裕?がある事務局です。
きっと、事務局長のキャラのおかげだと、感謝しています。

土日は、ひたちなかの稽古
土曜日はキャストの発表!!
日曜日は久々に素子先生の振付がありました。
子供役の子供たちは、M2の振付。
魔女の手下たちは、芝居作り。
ジャンブリーニ国の王女、侍女、ネズミたちはM4の振付。
ママたちが中心の運営委員会も話し合いをしていたようです。

クリエはジャンブリーニ一色!!と思ったら・・・・・
次回作の話題もちらほら。
今年の事業と平行して、来年の準備も始めなければなりません。
毎回、クリエの本公演は、オリジナルの作品を上演しているので、みんなに色々提案してもらうのです。
どんなお話がいいかとか、自分は何をやりたいかとか、誰ちゃんが○○をやったら面白そうとか。
作家はそれを参考にすることもあるし、採用することもあるし、全く違うものを書くこともあるし・・・・
次回は、どうなることでしょう。
それは、まだ、誰にもわかりません。

そんなクリエのこの頃です。

投稿者 上原久栄 : 23:17 | コメント (0) | トラックバック
2009年05月15日
 ■  舞台は魔法 クリエという不思議な空間

つくば公演から1週間が経ちました。
参加者は、それぞれ、日常の生活に戻ったでしょうか?

ジャンブリーニ国を冒険した、お芝居の中の子供たちと同じように、きっと、一回り大きくなった子供たちがいることでしょう。大人たちも、日常ではできない経験をして、感じたこと、知ったことが沢山あったことでしょう。

私たちクリエイティブスタッフは、大人も子供も今回の参加者が、初めて稽古場に来たときから、ずっと一緒に稽古してきました。
そして、一人一人の頑張りや成長を、ずっと見守ってきました。


今日クック役のお母さんから、メールをいただきました。

娘がクリエの稽古に初めて参加したのは今からちょうど二年前ですが、たった二年でこれほど成長するとは・・好きこそものの上手なれとはいえ、私の想像も空想も妄想も超えてしまいました。
(中略)
つまり、「ジャンブリーニ」はアンビリバボーな出来事だったのです。小さな頃の娘をよく知る人たちに随分褒められました。そんなに褒められると照れるがなぁ・・ってなるくらいでした。
クック役が決まったときに、多少とまどいはあったようですが、とにかく稽古が楽しいので、プレッシャーはなかったようにみえました。
最後まで主役という言葉には抵抗して「主役じゃない、主役は子どもたちでクックはその代表」と訂正していました。
本番前はさすがに緊張して吐き気がしたと言っていましたがカレン役のHちゃんが直前まで手を握っていてくれたそうです。(Hちゃんだって同様だったろうに)娘はHちゃんがいたからこそ大船に乗ったつもりでいられたのだと思います。(後略)


大人も子供も、みんなが一人の役者として同じ作品、舞台を作るこのクリエの空間は、他では味わえない不思議な空気があるのです。
きっと皆で一つのものを作っていく一体感とか、一生懸命やることの気持ちよさとかが、この空気を作っているのだと思います。
その中で、役者も私たちスタッフも「成長」していくのでしょう。

そして、幕が下りると、そこには、魔法にかかった人々がいるのです。

投稿者 上原久栄 : 22:08 | コメント (2) | トラックバック
2009年05月10日
 ■  お金が入った封筒をお預かりしています。

つくば公演の会場ロビーで、お金が入った封筒を拾ってくださった方がいます。
劇団員に渡すチケット代ではないかと思われます。

劇団で預かってありますので、お心当たりの方はお問い合わせフォームから、ご連絡ください。

2009年05月06日
 ■  つくば公演終了

昨日、つくば公演が終わりました。

作品としては再演ですが、台本、演出、振付、舞台美術・・・・・衣裳の一部を除いて、殆どが新たに作ったため、新作と同じくらいのエネルギーが要りました。

ブログも、最後は書いている時間も体力も、気持ちの余裕もなくなり、最後の稽古の様子などもお伝えできませんでしたこと、お詫びいたします。
公演の成功が、生活のすべてに最優先する日々でした。

劇場の裏を写真で、ちょっとだけお伝えしますね。


ジャンブリーニ国の木?花?


舞台上で見ると、とてもファンタジックです。
木から顔を出しているのは、クリエのイラストを描いてくれているなっちゃん。
今回は舞台美術も担当してくれています。


メークスタッフにメークをしてもらう子供たち



Wamilesエステルーム美々のスタッフさんが、担当してくださいました。


ヘアと特殊メークの担当は、エルベビューティスペースの高久さんと、お店のスタッフさんです。


変身する自分の姿に、新しい自分発見!!??


子供たちが大好きなちーちゃんと


メークをして、衣裳を着けて、準備完了!
ちーちゃんは、今日は朝から一日楽屋でお手伝いをしてくれました。
舞台で使ったおにぎりも、毎回にぎってくれました。


忙しく働くお母さんたち


楽屋周り、ロビーなどで役者をサポートして働いてくださっているのは、子供たちのお父さん、お母さんです。
この方たちの支えなくして、公演はできないほど大きな存在なのです。


オリジナルTシャツ販売班


お蔭様で完売しました。
在庫はなくなってしまいましたが、また作りますので、今回購入できなかった方は、ひたちなか公演で、購入してください。
その前にどうしても欲しい方は、HPお問い合わせフォームから、直接劇団クリエにお問い合わせください。


終演後ロビーで





沢山の方々に支えられて、応援していただいて、つくば公演も幕を下ろすことができました。
ありがとうございました。
まずは、お礼まで。                            
                              スタッフ・劇団員一同

投稿者 上原久栄 : 22:53 | コメント (4) | トラックバック