2009年04月30日
 ■  ひたちなかも熱い!

ジャックです。
ご無沙汰しておりました。

ひたちなかでは、8月の公演に向けて稽古が進んでいるようです。
というのも、まだ一度も稽古を見に行くことができずにいるのです。

そんな中でも、子ども達はジャンブリーニの作品に使われる音楽を聴き、M1を踊っています。
「もう、そんなに踊れるようになったの!! すごいね~。」
と言ったら、
「あと、3ヶ月しかないんだよ!!」
と返されてしまいました。
そうです、3ヵ月後には、公演なんですね。
昨年の「金色」が抜けきれていないのに!?
私一人「ジャンブリーニ」にとり残されないよう、パソコンに向かった次第です。

私とは対照的に、クリエの稽古場は熱くなっているようです。
スタッフがつくばに行っていて自主練習のときも、子ども達は汗だくになって、興奮して帰ってきます。
初参加の子ども達のモチベーションがとても高く、我が家の子ども達も良い刺激を受けています。

今回の作品は、元気の良い子ども達が活躍する冒険物語。
冒険を通して成長する子ども達の姿、作品創りを通して成長する役者達の姿が楽しみです。

投稿者 ジャック : 23:17 | コメント (1) | トラックバック
2009年04月22日
 ■  MISSING BOYs

クリエの皆さん、お元気ですか?
稽古の調子はどうですか?


18日、土曜日、『MISSING BOYs』が初日を迎えました。
飯田きょうこさん、あーちゃんが見にきてくれて、クリエからの差し入れを頂きました。

ありがとうございました!

投稿者 西林素子 : 22:36 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月20日
 ■  クリエ近況 4月19日(日)

【衣裳部】
衣裳スタッフのしづかちゃん。多分、昨夜は遅くまで作業をしていてくれたのでしょう。
侍女の衣裳を今朝、届けてくれました。
ありがとうございます。


【つくばの稽古場】
今日は、当日のテクニカルスタッフさんの稽古見がありました。

今、急ピッチで、衣裳の製作や、道具の製作が進んでいます。
まだ、衣裳をつけている人とそうでない人がいます。
次の通しまでには、衣裳も全員がつけられるようにしておかないと。

それぞれの場面が見えてきて、役者の表情もだいぶ出てきて、振りも揃ってきて・・・・

ああ、本番に向かっているんだなあ・・・・

そんな日曜日でした。





【ひたちなかの稽古場】
こちらは8月公演に向けて稽古が始まっています。
今日は一日稽古。
M1の振付。
来週は台本が手元に届く予定。
早く芝居作りた~い!!


【パンフレット製作現場】
今回つくばは連休中の公演なので、パンフレットの締め切りがいつもより早い。
印刷会社への入稿は明日。
うわぁぁぁぁぁ・・・・・!!!
間に合わない!!!
急げ急げ!!!
日付が変わるころ、やっと完成。
旧劇団員のAさんにまたまたお世話になりました。
こんな、無理な作業、笑顔でこなしてくれました。
3人の子育てと仕事の合間にありがとうございます。



【スタッフ会議】
つくばの稽古見が終わった後はスタッフ会議。

色々な段取りを決めたり、確認をしていったり。

皆さん、凄く多忙な中、スケジュールの調整をして稽古を見てくださり、会議に参加してくださっている。
感謝です。

稽古場近くのお店で、テーブルいっぱいに台本やら、図面やら広げて何時間も話をしている我々。
お店にしてみたら、きっと、嫌なお客に違いない。
なのに、会議がしやすい場所にテーブルを用意してくださり、長居に嫌な顔もせず、気持ちよく場を提供してくださったお店のスタッフさんにも感謝です。



沢山の方々の厚意に支えられて活動していることに、改めて感謝です。
つくばは、いよいよ大詰めです。
感謝の気持ちを込めて、生きてることを心で感じて、良い作品が作れますように。

投稿者 上原久栄 : 22:16 | コメント (2) | トラックバック
2009年04月16日
 ■  照明家 成瀬一裕氏

大滝順二が演出をするようになってから、クリエのすべての舞台の照明を担当してくださっていたのは成瀬一裕氏です。

駆け出しの演出家に舞台作りのアドバイスや提言を惜しみなくしてくださる成瀬氏を、大滝は師と仰いでいる。
ベテランの舞台照明家であるだけでなく、芸術家としての洞察の仕方、台本の読み方、表現の仕方やアイデア・・・・色々なところに触発され、共感もし、演出家としても成長してきたと思うのです。

先日は、その成瀬氏と、イタリア料理をいただきながら、話をする機会を得ました。
あらためて、クリエというカンパニーを本当に愛してくださっているその優しさに触れ、私の心は感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、早く、このお気持ちに応えられるクリエになりたいと心を新たにしました。

別れ際「また食事でもしよう」と手を振ってくださった彼に、心の中で「ありがとう」と言いながら私も手を振りました。

今回、成瀬氏に関わって戴けない分、自分たちで良い舞台にしていかなければ。
彼の益々の活躍を祈ります。

投稿者 上原久栄 : 21:11 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月15日
 ■  芝桜がきれいです。



毎週月曜日に「町にくらす会」という、障がい者の支援施設にお邪魔しています。
ここに集う方々と、歌を歌ったり、パフォーマンスを楽しんだりしています。

どんなに疲れていても、ここの皆さんに会うと元気になれます。
みんなとても優しいのです。
笑ってくれたときが、一番嬉しく、こちらも癒されます。

今、この「町にくらす会」の芝桜がとてもきれいです。道の両脇で、精一杯花をつけています。

今日は、皆さんに癒して戴いただけでなく、花にも癒されました。

公演間近の追われた生活の中、ちょっと心の休憩です。


投稿者 上原久栄 : 20:53 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月11日
 ■  シェイニーさん

今回、つくばのカンパニーにとても素敵な女性が参加してくれています。
カナダ人のシェイニーさんです。

役は、ジャンブリーニ国の王女です。
本当に、王女様らしくてびっくりです。

初めて彼女に会った時、ねずみ役の子供たちは、ちょっと驚いたようでした。
でも、すぐに慣れ、今は、彼女のことが大好きです。
シェイニーさんが仕事を終えて稽古場に来ると、子供たちがさあ~っと寄っていきます。

初日の稽古で台本を受け取り、次回の稽古の時には、概ねセリフを覚えてきていました。
それだけではなく、王女らしい言い回しや、その場に合った間の取り方など、素晴らしいのです。
勿論、彼女の母国語は英語です。そしてセリフは日本語です。
シェイニーさんを誘ってくれたチーちゃん、ありがとうございます。


投稿者 上原久栄 : 21:31 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月07日
 ■  手下たちの稽古



日曜日の夜中、手下だけの稽古。
7時半から始まった夜の稽古は、もう、4時間以上も続いている。

最後の場面、手下の気持ちが動いていく場面の稽古。
一人一人が、誰の、どの言葉で、感じ、気づき、どの様に気持ちが変わっていくのか。
同じセリフを色んな設定で、何度も言ってみる。
セリフが音としてどの様に響き、聞こえてくるのか。
表情や、間が、客観的にはどの様に見え、感じられるのか。
演出家は、冷静にそれを見ていく。

クリエの演出家は、それを一方的に押し付けるのではなく、役者とディスカッションしながら、稽古を進めていく。

やっと今日の時点での納得がいくラインが見えてきたのは、日付が変わった午前1時近く。

こうして丁寧に作り上げていく分、魅力のある舞台になっていくに違いないと思う。

毎回クリエの作品作りでは、この様な場面での舞台上の隙間を“気”で埋める作業に時間をかける。
今回も同様である。


投稿者 上原久栄 : 23:40 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月03日
 ■  こども合宿

4月に入り、早くも新学期が始まりました。
子供たちは新しい学校や、クラスになり、新鮮な気持ちになり、新たな抱負に胸を膨らませていることでしょう。

4月2日、3日に、クリエのスタジオにつくばの子供たちの合宿をしました。
公演に向けての強化合宿です。

強風のため、常磐線の電車が一時止まってしまい、クリエに着いたのは当初の予定より2時間以上も遅れてしまいました。
そのため、午前中の稽古は出来ませんでしたが、午後、しっかりとシーンを作る稽古が出来ました。

子供たちの場面だけでしたが、頭から(最初からという意味)一通り通してみました。
演出家が、弱い所はどこか、子供たちに聞いてみます。
M4、M12の歌詞が変わったところ、氷の谷、炎の山・・・・・子供たちの言葉に
「そうだね、沢山あるね。」と演出家。

休憩の後は、子供たち自身が納得いかなかった場面やナンバーの稽古です。
何が出来ていないのか、どうしたら良くなるのか、子供たちの感じるものを大切にしながら根気良く作りこんでいきます。
子供が自ら感じ、表現意欲を高めていくのを大切にするのです。
ここに、子供たちは「楽しさ」を感じ、「クリエもっとやりたい!!」と思うのでしょう。
これが、クリエのアイデンティティの一つでもあるのです。

こうして2日間、子供たちが自ら課題にしたものをクリアするために時間が費やされました。
こんどの日曜日は通し稽古です。
自ら感じる新たな課題がまた出てくるはずです。
演出家を始め、クリエイティブスタッフからのダメ出しもあることでしょう。
残された何回かの稽古は更に密度の濃いものとなり、本番に向けてのテンションも上がっていくのです。

投稿者 上原久栄 : 23:31 | コメント (0) | トラックバック
2009年04月01日
 ■  クリエ近況

先週は、歌録り、つくばのお姉チームの合宿、振付美穂のリハーサルなどなどなど、相変わらず盛りだくさんの1週間でした。

つくばの稽古もだいぶ進み、芝居の楽しさが、やっと、ちょっと見えてきたかなあ。
何しろ、今回が2回目のつくば公演です。
まだまだですが、これから、演出家も役者として加わったりすると、それに釣られて、またぐ~んと皆が上達するのでしょうね。
これからの1ヶ月、今までの何ヶ月分も皆が一つになって、レベルアップしていく日々です。
写真はM1です。


歌録りも、つくば、ひたちなかのメンバーが合同でやりました。
交流も出来て、とても良かったと思いますよ。



投稿者 上原久栄 : 23:43 | コメント (2) | トラックバック