2008年08月26日
 ■  稽古場から

子供たちが変わっていく・・・・・


今日は月曜日。いつもなら稽古はないのですが、速水けんたろうさんが、昨日から稽古に入ってくれて、今日も稽古です。

私が見たのは、権太夫さん(速水さん)の家族のシーンでした。
昨日は速水さんが権太夫さんに変わっていく様を目の当たりにしました。

今日は、それを取り巻く家族、特に子供たちが変わっていく様を目の当たりにしました。

シーンを返す毎に、金色姫を思いやる表情が出てくる。
権太夫さんの優しい眼差しに応える表情がどんどん良くなっていく。
シーンが進んでいくと、また、いい顔になっていく。

何度か、その表情をシャッターに納めようとしてみましたが、上手くいきません。
子供たちのあの表情は、その場に居合わせないと感じ取れないのかも知れません。

「それは何故か?」と、ふと考えてみました。

あの表情は、芝居の中とは言え、ちゃんと「お互いに心で会話が出来ているからこそ」ではないのか。それは、芝居であっても<本物>なのです。
この絶妙な芝居の冥利は、きっと、生でこそのものなのでしょう。

今日は、速水さんの表情、子供たちの表情を見ながら、そんなことを思いました。

こんな「心を通わせる芝居」が出来る子供たちは凄いと思ってしまいました。

高校は今日から学校が始まり、明日からは前期の期末テストとのこと。
そんな忙しい中、学校から稽古場に駆けつけ、あの表情をするきよ役の子。
「あなたの、その心の中から湧き出てくる表現力は何なの?
去年から、随分と成長しましたよね。
いえ、去年があっての今年でしょうか。」

「権太夫家の子供として、ここはどう感じて、どう表現して欲しいか」を語る演出家の話を聞いて、なんとも言えない表情でうなずくなつ役の子。

女の子たちほど器用で細やかではないけれど、役に入って懸命に演じる男の子たち。
ちょっと照れながらがまた良いのです。

悲しみで本当に病気になってしまいそうなくらい、心からにじみ出てくる感情を無言で表現する金色姫役の子。

家族のことを、体を張って守る権太夫さん。

そして、脇を固めるベテランの大人の役者たち。

みな、なんといとおしく、そして素晴らしいのでしょう。
心から抱きしめたいと思いました。

投稿者 上原久栄 : 21:49 | コメント (1) | トラックバック
2008年08月25日
 ■  『速水けんたろうさんが来た!!』

みなさん、ジャックです。急に気温が下がり、秋の気配も身近に感じますが、クリエの稽古場は、今日も熱かったです。特に、今日は、速水けんたろうさんとの初めての合同稽古となりました。ひたちなか市文化会館のリハーサル室からその様子をお伝えします。

速水さんが入り、団員たちの意識にも真剣さがさらに増しました。彼の発するオーラに触れ、改めて、団員達は速水さんと一緒に舞台を創れることに幸せを感じたことと思います。

私達が圧倒されたのは、速水さんの各場面での状況把握が早いことです。場面に応じてアドリブの台詞が飛び交います。そして、まわりの役者達をリラックスさせることも忘れません。速水さんが、冗談を台詞にのせて発するたびに稽古場には笑いが起こりました。そして、表情の豊かさです。今日、初めて台詞を確認し、他の役者と合わせたわけですが、その表情には感激です。さすが、「だんご三兄弟」で世間を魅了した速水さんだと感じました。

練習後、速水けんたろうさんにインタビューをしてみました。
ジャック:「今日の合同練習の感想は?」
速水さん:「4年ぶりに上原先生とクリエのみなさんと仕事ができて嬉しいです。今日、一緒に稽古をし、みなさん一生懸命で元気いっぱいで本番が楽しみです。」
とのコメントをいただきました。

 団員のみなさん、速水さんとの最初の稽古の感想はいかがでしたか?今日は、速水さんの歌声をさわりしか聞くことができませんでしたが、次回の合同稽古が今から楽しみです。




投稿者 ジャック : 23:40 | コメント (5) | トラックバック
2008年08月24日
 ■  稽古場から

けんたろうさんが権太夫に・・・・・


今日は、速水けんたろうさんが入っての稽古でした。
初めは皆緊張気味。

同じシーンを返していくうちに、けんたろうさんが、だんだんと、権太夫になっていくのです。
それにつれて、子供たちも、だんだん、権太夫の家の子供たちになっていくのです。
何だか不思議です。

権太夫さんの温かさに触れ、目頭が熱くなってしまったのは、私だけではないと思います。

歌も、優しくて温かくて、凄くすてきです。

世界中の家庭がこんな風だったら、きっときっと、争いなんてない世界になるのでしょうね。

このブログを読んでくださっている皆さん、是非、権太夫さんに会いにいらしてください。

投稿者 上原久栄 : 23:00 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月19日
 ■  こども合宿

昨日、今日の2日間、クリエのスタジオで、こども合宿というものをやりました。

これは夏休み恒例の行事で、子供だけでクリエにお泊りするのです。

目的は・・・・
勿論、稽古もあるのですが、何よりも、子供たちの交流の場なのです。
大人の干渉は極力なくして、少々のことには目をつぶります。

1日目はM1を中心に稽古しました。
登場人物の人間関係も、各自、自分の中で整理してみました。
稽古の後の夕食は、勿論、カレー。23人の宿泊者(しかも子供)で、40人分のカレーと2升のご飯をほぼ完食!!
夏野菜たっぷりの甘口カレー。野菜嫌いの子もきれいに食べます。

カレーの後はこれも恒例の花火。
みんなでやると大盛り上がり。

そして、部屋の片付け、夕飯の片付け、お風呂、布団敷き、勉強などの後は、近くの神社まで肝試しに行きます。
時間が遅いので、大声を出して迷惑にならないようにと、再三注意をしましたが・・・・
クリエの活動は、基本的には細かいルールはありませんが、迷惑はかけないように、相手の立場になってものを考え、心配りをすることができるように、ということを日頃から子供たちに言い続けています。でも、楽しかったり、気持ちがハイになってしまうと、なかなか出来ません。仕方がないのですけれどね。
案の定、これまた大盛り上がりで帰ってきました。

この日ばかりは、大人と一緒の合宿では許されない「夜更かし」も黙認されます。
一体何時まで起きていたのでしょう?

こんな楽しいこども合宿なのに、中学生は部活を休めず、クリエから部活に行って、午後はまた戻ってきました。毎日運動場を10周するとか言っていましたね。今日もかなりへばって帰ってきました。
高校生は夏休みも休みは殆ど無く、今朝はクリエから学校に行きました。
夏休みなのに・・・・・何だか、何処か間違っているように思うのは私だけでしょうか?

今日の稽古は午前中は棒跳び、午後は、いじめのシーンの稽古でした。
いじめる立場、いじめられる立場、それぞれにリアリティを出すために、ディスカッションを交えて稽古が進みます。
これは、芝居が上達するための稽古なのですが、子供たちには、出来る限り双方の立場を理解したり、感じとったりして欲しいと願っています。

嵐のように2日間が過ぎました。
今、静かな夜を満喫しています。



投稿者 上原久栄 : 23:40 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月18日
 ■  稽古場から

クリエの稽古は週末しか出来ないので、公演のための稽古が始まると、土日のどちらかは一日稽古が入って来ます。

稽古に参加するときは、台本や楽譜などの他に、飲み物とタオルが必須です。なぜなら、クリエの稽古は、相当踊るので、汗をかくのです。
それからおやつ。これも子供たちにとっては、栄養補給のために必要です。大人は・・・気分転換?よくわかりませんが、大人もおやつをよく持ってくるようです。

一日稽古をする時は、お弁当も持ってこなければなりません。

稽古の合間のご飯休憩は、交流の場でもあり、人間関係を作っていく場でもあります。
ご飯の輪の中に入れない人がいたら、さりげなく誘ってあげることや、皆が楽しくなるような話題を提供したり、お互いの劇団以外での様子などを聞き合ったりすることも、これから色々な所で人間関係を作っていくための大切な訓練だと思っています。

子供たちのお弁当とご飯休憩の写真を載せます。
おいしそうです!!そして楽しそうです!!

子供たちは、おいしいお弁当を作ってくれるお母さんに感謝してるかな?




投稿者 上原久栄 : 23:56 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月13日
 ■  『一幕(オープニング)からの通し』を見て,伝えたい…

みなさん、ご無沙汰しております。ジャックです。How have you been in? 今日は、みなさんにどうしても伝えたいことがあり、PCに向かいました。
今回の舞台は、天竺(インド)と豊浦(つくば市)を舞台にしております。(あらすじは、こちらhttp://www.kurie1992.or.jp/original/konjiki.htmlから)。通しを見た私の感想を手短にお伝えします。

先ずは、一幕のオープニング。いつものことですが、鳥肌が立ちました。こうしてブログを書きながらも、その興奮がよみがえり鳥肌が立ってきます。これに関しては、コメントしません。本番を楽しみにしてください。どうしてもという方は、練習を見に来てください。後で通しの予定を公表しますね。


今回は、二人の特別ゲストが登場しますが、本日、歌手の塩塚氏が通しに加わりました。


私は、その歌声にその姿に引き込まれていきました。そして、彼を取り巻くそれぞれの役者達も負けていませんでした。もちろん、まだまだ練習不足の面も否定できませんが、役者達の『目』が本物でした。今回のストーリー・メッセージをみなさんに伝えようとするオーラをすでに感じました。さらに、役者達の『涙』です。まだまだ、完成にはほど遠い段階ですが、それぞれの役者の台詞に、歌詞に、仲間たちの演技に目に涙を浮かべながら演ずる役者達の姿が印象的でした。当然、ビデオをまわしているスタッフ、子ども達の演技を見守る親達、そして取材をしている私の胸にも伝わってきました。


 最後に、私が気になった台詞・歌詞を一部紹介しますね。金色姫の継母の付人の「一度相手の立場になって考えてみるといい」という台詞。権太夫の「人を愛する気持ちは同じ」。そして、今回のメインソングである歌での「君に届けこの願い♪」の歌詞。絶妙のタイミングでこれらの言葉が心に響いてきます。そして、涙が…。最近の世の中…。様々な事件が後を絶ちません。すべて私達一人一人の相手の立場を考えない「勝手」から来ているように思われてなりません。街の中に「相手を思いやる心」が、欠乏しているように感じます。久しぶりに、温かい気持ちになりました。みなさん、一緒にこの気持ちを分かち合いましょう。「本番が、楽しみだ!」というのが、通しが終わったあとの私の感想です。
 また、本日、公演のチラシが完成しました。今後、多くの公共施設・学校・大学・お店などに掲載をお願いにあがりたいと思います。どうぞご協力をお願いします。チラシを見たい方は、劇団クリエまでご連絡ください。


では、また…。

NPO法人 劇団クリエ
茨城県ひたちなか市市毛451-4
Phone&Fax: 029(274)7701
E-mail:kurie1992@marble.ocn.ne.jp

投稿者 ジャック : 22:41 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月12日
 ■  稽古場から

先週末は、塩塚さんが入っての稽古がありました。

9日(土)は天竺の場面をピックアップして作りました。

その間、他の会場では素子先生の振付がありました。
2幕で1番大きいナンバーの振付です。

私は天竺チームの稽古を見ました。
メリハリのある、なかなかいい場面になっています。
塩塚さんの存在感に圧倒されながらも、他のメンバーもいい芝居をしていました。

そして、10日(日)は振付の残りと、塩塚さんの発声のレッスンと、通しでした。
みんな塩塚さんにつられて声が大きくなってきています。
良いことです。

そのうち、速水けんたろうさんも稽古に参加する予定です。
けんたろうさんが加わった豊浦の場面もすごく楽しみです。
豊浦と天竺、二つの場面がそれぞれきっちり描けそうです。

チケットも間もなく発売になります。
沢山の方に観て戴きたいですね。


投稿者 上原久栄 : 23:50 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月11日
 ■  恒例!地獄の事前歌録り   ちあにい

皆様、お久しぶりです。作曲家ちあにいです。
8月4日(月)~6日(水)の3日間、ナンバーの事前歌録りを行いました。

今回のRec・・・実に楽をさせて頂きました。
Rec参加者のほとんどが、自宅で音を確認してから、参加してくれた様子。
滞在中の2泊3日の睡眠時間は、過去最高の7時間を記録!!しかも休憩時間も、たくさん取れました!

せっかくなので、クリエのRec体制を紹介しましょう。

まずは、役ごとに振り分けられたスケジュールで、現場入りする一般組。本役での録音です。

そして、Rec合宿組。このチームは、常に隣の部屋に待機し、ガイドの事前録音、役者録音後の修正録音を行います。深夜に起こされる事もあれば、明け方から歌い始める事もある、まさに地獄絵図と化すセクション。
2日目よりは、常時ナチュラルハイ↑↑↑なのにシビアな音程、リズム、表現力を求められ、常に誰かは壊れています。
そして全てのナンバー、全てのパートを頭に叩き込んであります。あ、あるのか?
まっ!タイトル頭に「地獄」が付く理由は、このセクションにあります。

今回は、少々違いました。合宿組が、少々拍子抜け?(笑)
当たり前の事、と思われる方もいるとは思いますが、先ほど述べたように、一般組の多くが、音や譜割りを確認してから臨んでくれた様子。
仕事、学校とある中、けっして楽な作業ではないと思うのですが、確実に昨年より正確なものをもって参加してくれました。ありがとう。今年は地獄の2文字、解消されたかな?と思います。
ん?ん?合宿組みのエネルギー不完全燃焼ですか??
んじゃー、ハードル上げようか??((ケラケラ。あ~、いつになっても俺は、こんなキャラだ。。

ゆとりある食事なんかもとれた、今回のRec写真集です。





投稿者 ちあにい : 23:12 | コメント (1) | トラックバック
2008年08月07日
 ■  漁師合宿 ただ今25時15分

スタジオを覗いてみると・・・・
やってましたねえ、稽古。

みんな汗だく。
ダンスの振りをカウントで確認しながらやっていました。
静かに語っているのかと思ったら、とんでもない。
語りの時間は、まだまだ後のようです。

大学生は、まだ、明日授業があるらしいけれど。
昨日まで試験だったらしいです。
世は夏休みだというのに。

写真載せます。




投稿者 上原久栄 : 22:51 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月06日
 ■  歌録

こんにちは 上原です。
暑いですねえ。

この暑さの中、4日~6日まで、クリエのスタジオで、歌録がありました。

私は現場にはいないので、どんな様子かわかりません。
後で誰か書くかも・・・・・

私はもっぱら、ご飯作りです。
1日目の夜食の天ぷらとそうめんから始まって、2日目はおにぎり30個くらい握ったでしょうか。
3日目はサンドウィッチ2斤半。
最後の日の夜はカレー30杯分を作りました。しかも、つくばのワークショップにも行ってきました。我ながらタフですねえ。

今夜は漁師役の合宿。
今、みんなスタジオに集まっています。
ちゃんと稽古してるのかなあ。
夏休みだし、みんなで語るのもいいかも知れませんね。
稽古も大切ですが、芝居をするには、コミュニケーションもとても大切です。
日頃それぞれが違う生活をしているので、時間をとって、語りあうのも多いに大切な芝居作りの作業なのです。

私もPC閉じて、漁師合宿に合流します。

投稿者 上原久栄 : 23:55 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月05日
 ■  稽古場から

皆さん、暑いですねえ。
ひたちなかの稽古場は、熱気で更に熱いです。

夏休みたけなわ!!
でも、週末は、稽古です!!

先週は、素子先生のダンスレッスンがみっちり!!
1幕ラストの振りの固めが中心の稽古でした。
振りのポイントを細かく指導してくれます。
それでも、ゆっくり一つ一つやれば出来ることが、音の中でどんどんやらなければならないと、なかなか上手く表現できません。
体に染み付くように、何度も何度も繰り返し繰り返し稽古していきます。

ちょっとのスキも与えない素子先生のレッスンに、皆、必死でついていきます。
終わった時の、心地よい疲れ。
一生懸命やるって、言いようのない気持ち良さがあるのです。

今週は、本当にざ~っとですが、通しました!!
まだまだ作り込む余地は沢山ありますが、全体の流れは見えてきました。

通してみて、最初のM1と最後のM1とでは、皆、違うものを感じてくれているな、というのが前から見ている私から見えました。

もっともっと台本を深く読んで、もっともっと心を込めて歌い、踊り、演じることができるようになりますように。

水戸の町では黄門祭りがありました。クリエのある学区も今日は夏祭りでした。
皆さん、お祭りに参加していますか?
クリエは週末に稽古なので、毎年、夏祭りにはあまり縁がありません。
金曜日の夜、クリエの2階で、黄門祭りの花火を鑑賞しながら、焼肉を食べました。
「夏だねぇ・・・・」感慨深げに一言。

投稿者 上原久栄 : 01:04 | コメント (0) | トラックバック
2008年08月04日
 ■  嬉しい知らせ

つくばのキャリーのお母さんから、もらわれていった猫ちゃんの、近況を聞きました。

昨年10月に家の近くで私が拾った猫ちゃんたちです。ダンボール箱に入れられて、ガムテープでふさがれて、捨てられていました。

2匹はキャリーのお母さんの職場の方にもらわれていきました。

名前はオスが「こむぎ」、メスが「あずき」です。

こむぎは、小麦粉の中に足を突っ込んだように、足の先が白くなっているからです。

あずきは、同じ和風でということで、キャリーのお母さんが名づけてくれたようです。

広いお宅で、幸せに暮らしているようでした。

そして10ヶ月・・・・・

「あずきが赤ちゃんを5匹産んだんです。」

嬉しい知らせです。5匹は多い方ですね。

またまた、同じ職場の方にもらわれたようです。

クリエで今また保護している猫ちゃんがいます。

体重も増え、毛のつやもよくなってきています。

飼われていたと思われるので、何とか、飼い主さんにお返ししたいと思っています。

投稿者 上原久栄 : 23:58 | コメント (0) | トラックバック