2008年07月25日
 ■  猫ちゃん保護しています

ミケです。
きっと何処かのお宅で飼われていたのでしょう。捜している方がいらっしゃるかもしれません。そう思ってこのブログを書いています。

写真を載せますので、お心当たりの方はお問い合わせホームからメールをくださるか、029-274-7701劇団クリエまでご連絡ください。

小顔で目がぱっちりしているのですが、写真に撮ろうとするとなかなかうまくいきません。
凄くおとなしくてひとなつこいです。悪さも一切しません。
もしかしたら、弱っているからかも知れませんけれど。

保護したのは、リリーベール小学校の校門のそばです。
凄く痩せていて、汚くて、お腹がすいていました。
今は、きれいになってきて、だいぶ回復しました。

秋にトラ猫ちゃん2匹を箱ごと拾って、つくばのメンバーのお母さんの職場の方に里親になって戴きました。この時もこのブログに載せてのご縁でした。
今回も、飼い主さんにお返しできることを願っています。

猫一匹、連れ帰るのに、覚悟や思い切りが必要でした。
飼い主が見つからなかったら、誰が飼うの?病気だったらどうするの?
そんなことより、「このままここにおいて行けない!!とにかく助けなくちゃ!!」という気持ちが心配を上回ってしまうのです、いつも、動物を保護する時は。

「金色姫ものがたり」の権太夫さんは、インドから流れついたお姫様を助けます。お姫様といっても、見たこともないインド人です。しかも、舟の長旅で、やつれて、汚くて、きっと臭かったでしょうね。しかも、人間ですよ。人間一人、家に連れ帰るって、大変なことですよね。でも、きっと、犬猫を拾う私の気持ちと同じなのだと思うのです。



投稿者 上原久栄 : 17:18 | コメント (0) | トラックバック
2008年07月22日
 ■  HAPPY BIRTHDAY!

 本日7月22日は何の日かご存知ですか?
 答え、ウェッチこと、劇団クリエのプロデューサー上原先生のお誕生日です。
ウェッチはウィッチ(witch 魔女)なので普通の人間より年をとるのが遅く、誕生日を迎えた現在、18歳なのだそうです。確か、昨年の誕生日のときも18歳でした。19歳になるのはいつのことでしょうね。
 週末のお稽古終了時、お誕生日イベントが行われました。
「お疲れ様でした」を合図に、皆で、「お誕生日おめでとうございます!!」
クラッカーのリボンをかぶった先生へ、姫からプレゼント、そして18歳より少し年上のイキのいいお兄さん達から一輪ずつバラの花が渡されました。
 上原先生の思いがたくさん詰まった「金色姫ものがたり」を上演できること、役者・裏方として舞台創りに参加できること、常日頃、演技指導や歌唱指導を通して、技術の向上だけでなく、人間として成長する機会を下さっている事・・・それぞれが、それぞれの感謝の気持ちを込めてHappy Birthday を歌ったことと思います。
 上原先生、これからもその若さあふれるパワーで皆を率いてください。

投稿者 ジャック : 22:30 | コメント (1) | トラックバック
2008年07月21日
 ■  つくばから こんにちは

最近、ひたちなかでの15周年記念公演のことがブログの中心になっていますねぇ。
つくばも頑張っています!
つくば公演は、ひたちなか公演や、スタッフの他の予定などの都合で、来年になります。
会場が押さえられれば、5月ごろに、と思っています。具体的に予定が決まったら、またHP上でもお知らせしますね。

今日は夏休みに入って初めてのワークショップでした。
公演に向けての稽古の前に、基礎力を身につけようと汗だくになってレッスンに励んでおります。

ダンスのレッスン風景を掲載しますね。
体の使い方、力の入れる方向や抜き方、などなど、とても細かく教えていきます。音から感じたものをどう表現するか、これが一番難しい。
言葉で丁寧に説明しながら、カッコいいダンスを見せてくれる素子先生も、脇からですが1枚撮ったので、掲載します。

歌も、声の出し方、口の動かし方、ハーモニーの作り方など、やることが沢山あります。
美しいハーモニーはもちろん、高学年以上は、一人一人がソロで歌えることを目指しています。
みんな大きい声がでるようになってきました。
でも表情をつけて歌うのは、難しい!

今日は、五味太郎さんの絵本「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」を読みました。
子供たちの殆どが知っている絵本です。
わにさんとはいしゃさんが同じセリフをずっと言っていきます。
同じセリフを違った言い方をしてみるのですが、これがなかなか難しい。


ああ、難しいを3回も言ってしまった。
難しいことだらけだけれど、やっぱり表現することは楽しい。一生懸命やることも楽しい。そして、仲間がいることも楽しい。
ああ、楽しいも3回書いた!

次回ワークショップも楽しみです。





投稿者 上原久栄 : 22:23 | コメント (0) | トラックバック
2008年07月15日
 ■  もうすぐ夏休み

初稽古から3ヶ月,全てのキャストがそろい,芝居作りも振付も急ピッチに進んでいる様子です。今回の作品,全部で16場,ナンバーはM1からM17まで。17曲もあるって,すごいですよね。15周年,気合が入ってます・・・!? ちなみに昨年は全17場,11曲。
 今回も,子ども達が魅せてくれます。まずは,最初の遊びのシーン「けん玉」「棒とび」。いきなり子ども達の「魅せ場」です。このナンバーのために「剣玉の川又先生」に来ていただいた,というわけです。メキメキ剣玉の腕を挙げている子ども達,当日はどんな「大技」を披露してくれるのでしょうか。遊びながら「稽古」,稽古しながら「遊び」。稽古場でも,家でも・・・??? でも子ども達,お勉強中の「稽古」はやめましょうね。続いてのナンバー「豊浦」。仲良く遊んでいる子ども達に,大人が合流してきます。筑波山の麓,豊浦での平和な生活が,楽しそうな,エネルギッシュなダンスから伝わってきます。役柄,このナンバーに出られない子ども達,「いいな~,楽しそう」とうらやましがっています。
 この無邪気な子ども達が,異国から流れ着いた姫を「こ~げ こ~げ 黒こげ おこげ」と皆でいじめるシーンがあります。お芝居とはいえ,いじめる方も,いじめられる方も,どんな気持ちなのでしょうか。このシーンを創り上げる中で,クリエイティブスタッフは子ども達に何を語り,子ども達は何を感じていくのでしょうか。いつか機会があったら,その稽古場に侵入してみたいと思います。
 そして,1幕のクライマックス,M10「村八分」。「化け物が村にやってきた」と村人達,「姫は家の娘だ」と応える権太夫。その間に挟まれて「どうしたらいいの 私のせいだわ」と悲しむ姫。姫に寄り添い,「姫も同じ人間 化け物なんかじゃない!」と村人を説得する権太夫家族とネコ&ネズミ。このナンバーの振付をチラッと見ました。歌に「動き」が加わるとこんなにも「面白く」なるものか,と驚きました。対立するそれぞれの立場,精一杯姫を支えようとする権太夫家族とネコ&ネズミ。振付の西林さんが強く皆に意識させていたのは「視線」。やっぱり,これがミュージカルの醍醐味,ですかね。「歌」「踊り」「芝居」が一つになったとき,表現の「相乗効果」とでも言うのでしょうか,胸にグッと迫るものを感じるのです。この前は後ろから覗き見ただけ。今度は是非,正面から観たいものです。
 さて今後は,恒例の(?),2幕オープニングのダンスナンバーの振付が始まることと思います。エキゾチックな衣裳,激しいダンス,楽しみです! 役者&スタッフの皆さん,暑い夏を熱いダンスで吹き飛ばしてください。

投稿者 ジャック : 03:56 | コメント (3) | トラックバック
2008年07月12日
 ■  遠足

遠足に行ってきました。

いやあ、暑かったです!!
でも晴れて良かったです。

行き先は、つくばです。
今度のお芝居のゆかりの地:蚕影山神社、平沢官衙(かんが)遺跡、カスミつくばセンターの3箇所。

蚕影山神社は、金色姫を祀った神社です。200段の階段を登り、参拝してきました。
5年前に来たときよりも傷みが増していて、私の心も痛みました。
豊浦(現つくば市神郡)から、筑波山を眺め、この地ではるか昔遊んだ子供たちを想像し、ここに流れ着いた金色姫を想い、この地で生きた人々に想いを馳せてみました。
暑かった。

平沢官衙遺跡は、奈良平安時代の役所の跡です。ここに昔の蔵が復元されています。
高床式倉庫の床下で、ミケはネズミが食べたい、ネズミはお米が食べたい。どっちもたべたいものが食べられない。などと思ってみたりしました。(お芝居にミケとネズミが出る)
実際、高床式倉庫はネズミにお米を食べられないようにするためだそうです。
ここも暑かった。

最後に行ったカスミつくばセンターでは、画家御手洗竹松さんの「金色姫伝説」の絵と、創作舞踏劇「金色姫 心の旅路」を観ました。
絵画や舞踏劇などで、金色姫を語り広めることはとても意義のあることだと思いました。
金色姫伝説がもっともっと広まり、蚕影山神社も行政などが関わって管理できたら良いのに、と同行した大人たちで話しました。

子供たちは、芸術よりも、展示されていた蚕(生きていて桑の葉を食べ続けている!!)と繭に興味を持っていました。
蚕は農業研究センターで、研究用に飼っているものだそうです。
私も触ってみました。柔らかくて優しい感触でした。
繭は、「ご自由にお持ち帰りください」ということで、子供たちはそれぞれ頂いてきました。帰りの車の中では、繭から長い糸を引っ張り出していました。これを縒(よ)って糸にするのですね。
ちなみに、ここは、暑くありませんでした。

企業が建てたこんな立派な施設(建物)がつくばにはあるのですね。そして、多様な文化活動を支援していることも知りました。カスミには環境・社会貢献部という部署があるようです。

私たちの「金色姫ものがたり」もやっとキャストが全員決まり、本格的な稽古に入ってきました。
明日は朝から振付です。
さあ、みなさん、今夜は早く寝ましょう。
子供たちは、宿題もちゃんとやりましょう。






投稿者 上原久栄 : 22:53 | コメント (1) | トラックバック
2008年07月09日
 ■  棒跳び

棒跳び・・・・・・今度の金色姫ものがたりの舞台で、子供たちが遊びでやります。

棒跳びって何?
「いるかはざんぶらこ」って知ってますか?
あれのアレンジですね。ちょっと一緒にやろうとしたけれど・・・・・難しくて、これ出来ないです!!足が空中に浮いたまま1拍おいたり、体が回ったりするのですもの。

この「棒跳び」のために、作曲家に、新曲「となりのミケ」を作ってもらいました。

今回は、子供の遊びのシーンは「剣玉」で《手》で魅せ、「棒跳び」で《足》で魅せます。
剣玉の「振り」もいいですよ。

台本も、今回は、原典版に戻し、更に、よりパワーアップを目指して、大分書き直しもしました。みなさん、ご期待ください。




投稿者 上原久栄 : 23:41 | コメント (1) | トラックバック
2008年07月05日
 ■  スタッフ会議          プロデューサー 上原久栄

今日は、演出、振付、舞台監督、照明などのスタッフが集まり、舞台についての初めての具体的な打ち合わせをしました。

勿論、おやつとお茶での会議です。
今日のおやつは、小枝チョコレート、ポテトチップ、クラッカーです。

ホールの図面と台本を広げながら、どのシーンをどう見せていくか、真剣なディスカッションが続きます。
演出家が本質的な部分でどう見せたいかを出すと、ベテラン照明デザイナーの成瀬さんが、色々提案してくれます。それをどう具現化するか、舞台監督の北林さんが更なる提案をしてくれます。いつも全体の流れを意識しながら、各シーンを決めていきます。
「ああやったら、どう?」「こうやってみたら、面白いかも」などと、より良い舞台作りのためのアイディアが次々出てきます。
「金色姫ものがたり」は、今回で3回目の上演ですが、今までと全く違う演出プランに、プロデューサーもただうなるのみ。
「舞台は、演出も役者の表現も無限で無数の可能性があるのですねえ」改めてそんな事を思いました。
スタッフが違うと、同じ作品も随分と変わります。前回の「金色~」の舞台を観てくださっている方は、こんな視点からも、楽しんで戴けるでしょう。

会議もいつも有意義なのですが、お開きになってから、成瀬さんのお話が聞けるのも、私たちの大きな楽しみなのです。
今日もタイ料理を楽しみながら、貴重なお話を伺うことができました。
今回のメインテーマは「音楽的な照明」についてです。いえ、別に、講演ではないので、そうタイトルが決まっている訳ではないのですが、今日はそんな話になりました。
芝居の中で、絶妙に変化する色や明るさ。そのタイミングのこれまた絶妙さ。そしてフェードアウトのタイミング・・・・すべて、音楽的でありたいと・・・・・
こう書くと、内容の濃さが伝わらず、もどかしいのですが、それは、彼の作る明りを見て、是非感じてください。どう音楽的か、何が音楽的か。

今日はうなることしきりの一日でした。


今日のおやつ


舞台を作る、作品を作る、プランを練る


図面を指す手と手

投稿者 上原久栄 : 23:40 | コメント (0) | トラックバック
2008年07月04日
 ■  事務局会議

クリエの事務局会議は、月に1回程度、開かれます。
お茶菓子を持ち寄って、わいわい色々な話を交えながらの会議です。
いえいえ、ちゃんと、議題もありますし、するべき話もしていますよ。
なぜ話がそれるのか、それるのではなく、根本的なことは、どこにあるのか、大切なことは何なのか、そこに行ってしまうのですね。みんなクリエが大好きで、この輪を広げていきたいと願っているからこそなのですね。

さて、今日は、名物事務局長をご紹介したいと思います。
あの、りゅうりゅうと言えば、クリエの舞台を長く観てくださっている方には思い当たるかも知れません。
スリーサイズすべて99センチ、カレーが大好き。
今月の会議の時も、プロデューサーの作ったカレーを大皿で2杯食べながらの会議でした。何せ、仕事から直行なので、これも仕方ありません。でも、大皿2杯はねえ・・・・・
このカレーがあるから、事務局長のパワーが生まれるのだそうです。
これからも、カレーを食べて、クリエの運営、宜しくお願いします。

投稿者 上原久栄 : 23:54 | コメント (0) | トラックバック
2008年07月01日
 ■  稽古場

皆様ご無沙汰しております。
演出大滝です。

現在キャスティングもほぼ決まり、団員一同楽しく稽古に励んでおります!
今回はホント皆のモチベーションが高い!
おかげで毎回充実した楽しい稽古になっております。

(ただ唯一、男性漁師の枠がまだ空いており・・誰か、いきの良い男いませんかぁ~(泣き笑))

先日、オープニングナンバー「M1君に届け」の振付も無事終了!
その他のナンバーも着実に振付が進んでおります!

(けん玉の腕も、皆上がってますよぉ~!!)


投稿者 大滝順二 : 22:18 | コメント (0) | トラックバック