2008年05月20日
 ■  姫(?)オーディション                ジャック

 このところ、ニュースではミャンマーの洪水、中国の大地震と、悲劇の報道が毎日流れています。怪我をして横たわっている人、少ない食料に群がる人々、呆然と涙を流す子ども。援助を求める声、不満や苛立ちの声。「金色姫ものがたり」に臨むクリエの役者達は、どんな気持ちでテレビを見ているのでしょうか。テレビに映る映像、それは遠い国、知らない国、自分達とはかけ離れた世界・・・我が家の子ども達は、そんな感覚で見ているのかもしれません。悲劇の報道が、あまりにも日常的なものになっているから。でも、そんな時に考えて欲しい。「もし、世界が100人の村だったら」
 異国の哀れな「姫」を受け入れる優しい権太夫家族、陰で応援するネコとネズミ、彼らを取り巻く村の人々。権太夫の深い愛は、姫に伝わり、村人に伝わり、そして海を越えて遠い天竺の姫の両親へと伝わる。もし、世界が100人の村で、その一人が権太夫だったなら、きっと100人全員幸せに暮らせるだろう・・・そんなことを考えながら、今週もクリエの稽古に子ども達を送り出すのでした。
初稽古から1ヶ月あまり、M1の振付が始まりました。同時にキャストもそろそろ決まる・・・のかと思いきや、今年はなんと、「姫」オーディション!?なるものがあるとのこと。対象者は子供から大人まで女性の役者全員!!現実的には「私は対象外」と感じている我が娘、それでもかなり緊張したようです。
脚本家、演出家、振付師を前に、一人ずつ、姫の台詞を言い、姫のソロパートを歌うのです。普段の稽古では、このように一人ずつ歌ったりすることは少ないのでしょうか、「泣きそう」なくらい、緊張している姿も。それでも、子供も大人も、初参加の役者もベテラン役者も、皆とても立派に「オーディション」を受けていました。こんな機会を与えられるのも、クリエならではの良いところ・・・なんて、高みの見物をしている私でした。自分にはとてもとてもマネできません(笑)
さてさて、キャスト発表は1週間後、土曜日です。誰が「姫」に選ばれるのでしょうか。きっと、皆さん、気になって仕方がないんじゃないかな。。。

投稿者 ジャック : 23:26 | コメント (1) | トラックバック
2008年05月05日
 ■  ニュースです!!  プロデューサー 上原久栄

クリエの15周年記念公演がひたちなか市文化会館大ホールで10月19日にあるのは、皆さんの耳にも入っていることと思います。

出し物も「金色姫ものがたり」ということも皆さんご存知のことと思います。

このお話は権太夫という漁師がインドから流れ着いたお姫様、金色姫を浜辺で助けるお話なのですが、その権太夫を速水けんたろうさんが、そして、金色姫のお父さんである天竺旧仲(今のインド)のリンエ大王を塩塚隆則さんが演じる予定です。

速水けんたろうさんは、だんご三兄弟を歌った歌のお兄さんです。
前回もご一緒して戴きましたが、歌はもちろん、権太夫の心の広さ、優しさが伝わってくる温かな演技でした。いえ、演技ではなくけんたろうさんそのものなのです!!
大変お忙しい中、スケジュールを合わせて戴きました。今回もとても楽しみです。

塩塚隆則さんは、時々発声のレッスンをして頂いている二期会正会員のオペラ歌手です。
豊かな声量と・・・・そう、やっぱり、お人柄が出るのですよ。どんなお人柄かって?それはお楽しみ。クリエのホームページから塩塚さんのオペラの部屋にリンクしていますので、是非みなさん、ご覧になってください。塩塚さんのお人柄が垣間見えるかも。

ゲスト出演者ばかりではありません。このブログでも紹介されていますが、劇団員も張り切っています。
そう、私も張り切っています。何を?って・・・・M1の音を聴きながら、どんな風に幕が上がるのか、想像してみては、ワクワクしています。

まだ、キャストの空きが若干あります。特に男性は、あと二人ほど欲しいと思っています。
どうしようか迷っている方、お芝居に興味がある方がいらしたら、「お問い合わせ」フォームから、メールしてみてください。他薦でも構いません、身近にどなたかいらっしゃったらお声をかけてみてください。他の劇団で活動している方でも、日程が合えば結構です。

舞台は、創る、観る、どちらもこの上なく楽しいものです。
「創る」ことに興味をお持ちの方、是非、共に造る楽しさを味わいましょう。

今回は演出の大滝順二も振付の梅原美穂も出演予定です。クリエの舞台は、プロも交えて、年齢も職業も本当に幅広い人々が一緒に作り上げます。
この現場に居合わせることが出来、沢山の制作過程でのドラマを見ることが出来ること、そして、公演当日、沢山のお客様の鼻をすする音を聞き、笑い声を聞き、最後に満足そうに会場を後にするお客様の姿を見ることがプロデューサーとしての私の楽しみでしょうか。

投稿者 上原久栄 : 23:14 | コメント (0) | トラックバック