2007年10月11日
 ■  公演終了!!

あ~~~~~~~~~~~~ついに終わってしまいました・・・・・・・・・

昨日は片付けやら、仕事の準備やら眠いやらで、一日が終わってしまいました。
ブログを書こうと思ってホームページを開いたらもう、公演終了後の書き込みが3件もあってびっくりです。

本番は楽しかったです。本当に楽しかったです。幕が上がって舞台に立ってあの「木」を見た瞬間、ブワーっと、鳥肌が立ってしまいました。あとは、もう夢中でした。あっという間に進行していき、あっという間に終わってしまったという感じです。

初めて舞台に立って、初めて経験したことばかりで、そして公演が終わったばかりで興奮が冷めないのとで、何をどう書こうか実は頭の中がまとまっていません。思いつくままに書いてみます。

私が前日楽屋入りしたのは、午後3時ごろ。スタッフさんは9時入りですから、6時間も経っているわけです。何やら、みんな忙しそうでバタバタした感じでした。お母さんスタッフさんも忙しそうです。お弁当を出したり、お茶を入れたり何やら、打ち合わせも沢山あるようです。私たちの舞台上の「お茶」の用意もしてくれます。明日はケーキもお母さんの手作りであるらしい。楽しみ!!ロンおじさんの家のスープもお母さんの手作りだそうです。みなさん、ありがとうございます。
何をやるのかと思っていた舞台監督さんは、舞台進行係のような感じでした。「え~~~~○ページ、え~~~~ニースの家、え~~~~~○○からお願いします。」こんな感じで進められていきます。何故か、え~~~~~~が沢山入ったのです。
この日は舞台上の立つ場所を決めたり、道具を置く場所を決めたりしました。
順さん(演出)と美穂さん(振り付け)は、短い時間の中で、的確に私たちの出来ていない所を直したり、アドヴァイスをくれたりして、さすが、という感じです。この二人はどんな時でも、私たちがどんなに出来なくても、優しくそして具体的に教えてくれるのです。私が彼らの立場だったら、きっと、怒ってしまうと思うような時でも、いつも穏やかです。だからこそ、私たちもその気持ち応えたいと思ってここまで頑張れたと思っています。
初めて見る舞台裏。照明の機材が沢山置いてあります。そばにいるだけで熱い。これから舞台で使う小道具が机の上にずらりと並べられています。いよいよという感じでワクワクしてきます。

さて、当日です。メークをして、衣裳を着けて、10時半から通しリハ。本番と同じにやります。昨日決めた場所に立つように注意しながら踊りました。稽古場だと、どこにいても、今やっているシーンが見えるのですが、楽屋にいると、テレビのモニターで知るしかないのです。廊下にいては、全くわかりません。出番の合間にメークの終わっていない分をやったり、髪を結ってもらったりしながら、テレビも気にしていないといけないのです。これは、稽古中にはない、緊張感でした。
ヘアを担当している高久さんに初めて髪を結ってもらいました。ショートヘアの髪が、みるみる昔の母親の髪型になっていきます。プロの技!その手際の良さ!感動です。お陰でお稽古の時より、一層母親気分になれました。

昼食をとって、いよいよ本番。
♪目を閉じて 耳を澄ませば 静かな風の歌が 聴こえる・・・・このフレーズの後、目を開くと、何と、満員のお客様!!歌いながら何度も鳥肌が立ちました。
♪私に語りかけてくる・・・・ここで3階まで目を移すと、何と、一番上まで満席ではないですか。本当に夢みたいです。
ここからは、夢のように時間が過ぎて、自分であって、自分ではないような感覚です。
 カーテンコールの頃には、一端の女優気分です。沢山のお客様の拍手の中、堂々とお辞儀をする自分が、ちょっと自慢でした。

 2回目は1回目よりも早くそれぞれのシーンが過ぎていきました。舞台から袖に戻ってくる度に、ああ、このシーンは終わってしまった、と思いました。
最後のM1が終わって、ああ・・・・という感傷に浸る間も無く、嵐のような片付けが始まりました。これはこれで必死です。着替えをしてメークを落として、自分の荷物や衣裳を片付けて、使った道具をいつもの箱にしまって、楽屋にあるゴミも袋に入れて・・・・
 そして打ち上げ会場へ。
 ほっとして我に帰る。気がついたら、「喉が渇いた!!!」

 こんな2日間でした。
 親から「良かったよ」というメールが入っていました。
 打ち上げでは、大人も子供も抱き合っていました。こんなに人が一つになるのは、学生時代以降の様な気がします。
 お客様からは、どの様に見えたでしょうか?
 感想など、コメント戴けたら嬉しいです。

 まだ、私の頭の中は、色々な場面や音楽がグルグルしています。興奮も冷めていません。早く、日常に戻らないと。

投稿者 キャシー : 23:57 | コメント (3) | トラックバック
2007年10月03日
 ■  もうすぐ本番!!

みなさんお元気ですか?
昨日はスタッフさんの稽古見でした。いよいよお稽古も5日の日が最後です。これで最後・・・なんですね。悔いのないように精一杯楽しくやりたいなあ。

〔スタッフさんの稽古見〕
何か、緊張しました。何を見られているのかなあ・・・・そして、本番のときはどんな仕事をしてくれるのでしょう?
今までの私にとって、舞台というのは「見る」ものでしかありませんでした。何となく、照明や音響はわかるけれど、その程度の知識しかありません。

《舞台監督さん》は今日は黙々とお稽古をみているだけ。何をする人なのか、今の段階では、わかりません。監督っていうくらいだから、今日は色々言われるのかなあと、思っていましたけれど。多分、ブログを読んでくれている皆さんも、舞台に関わったことが無ければわからないと思います。本番の時にその仕事がみられたら、皆さんにも教えますね。

《照明さん》は何だか台本に書いていました。ちょっとのぞいたら、直径3cmくらいのマルが二つ書いてありました。あとは→みたいなのとか、書いてあったけど、あんまりのぞくのも失礼かなと思ったので、よく見ることは出来ませんでした。

《音響さん》は一番わかりやすい。いつも音を出してくれているので。

他にも10日ほど前には《メークさん》がきてくれて、メークの練習もしました。
パンフレットのゲラも上がってきて、これを作ってくれている人もいるはずです。

台本を書いた人、音楽を作った人、演出や振り付けをしてくれる人、衣裳や道具を作ってくれる人、そして、舞台監督、音響、照明、他に制作とかプロデューサーというのもあります。そして、ここの所、子供たちのお母さんたちも、お母さんスタッフ会議をやっているようです。お弁当の注文をとってくれたり、ビデオの注文をとってくれたり、何かと忙しそうです。
お客さんとして劇場に足を運ぶだけでは知らなかった舞台裏が少し見えて、沢山の人たちが関わってくれていることを今回知りました。私たちは多くの方たちに見守られて舞台に立つのですねぇ~。
部屋にぶら下がっている衣裳を見て、今、ちょっと感無量?の私がいます。頭の中は
 ♪目を閉じて 耳をすませば
  静かな 風の歌が 聴こえる・・・・・
M1の歌詞が静かに流れています。

投稿者 キャシー : 23:41 | コメント (6) | トラックバック