2007年06月24日
 ■  「M8」

 Hi, みなさん。ジャックです。今日は、一日M7&M8の振付が行われました。M8とは、Music 8のこと。2幕のオープニングです。
 午前中は、子ども達演じる、「葉っぱの精」と「風の精」の振付が西林さんにより行われました。1年生から4年生までの子ども達が演じます。ちょっとだけ、M8のイメージをここでお伝えしてしまいます。牧場の朝。朝もやの中、だんだん朝日で辺りが明るくなり、葉っぱの精も風の精も、気持ちよい朝の光を受けています… というのが、イメージ。
 しかし、子ども達は…。まずは、振りを覚えます。西林さんのカウントに合わせ、とにかく何度も何度も練習します。1曲の中の一瞬の動き、8カウントの中で「風」がさっと吹き抜ける様子を表現する場面に、30分以上かかりました。西林さんの優しいながらも「集中して!」「やり直し!」の声が、稽古場に響きます。「風」が吹くように、子ども達さっと舞台の上で場所移動。言葉で表現するとこれだけのこと。何気ないこの動きですが、子ども達にとってはとても大変なことなのです。正確に自分のポジションにつき、そこから見えないラインを通って次のポジションに移動するのです。お互いに移動する相手にぶつからないように、小走りしなければなりません。14人の「風」と「葉っぱ」の子ども達、何度やっても誰かが間違えてしまいます。だらけてしまいそうな子ども達を、西林さんは上手にコントロールしていきます。こうして、やっとのことで、曲に合わせ、動きをマスターしたときには、自分が何を演じているのか分からなくなっている子ども達…。「今のでOK!でも、君達、今、普通の子ども達だったから、今度は葉っぱになって動いてみよう!」と西林さん。しかし、3時間も過ぎた頃、子ども達は、牧場の朝をイメージしながら、「葉っぱの精」と「風の精を」何とか演じることができるようになりました。集中して稽古に臨んだ子ども達、難しい動きも出来るようになって、満足そうな表情でした。そして、子ども達に囲まれる「木の精」役の梅原さんの優しい笑顔がとても印象に残りました。
午後は、主人公のニースと中学生&高校生の「少女達」、大人たちが演じる「母親たち」「ロンの家族」「魔界厄介もういい界」の芝居の稽古が行われました。「魔界厄介…」とは、この物語の「大人たち」の心の中に棲む怪しい生き物達の世界のこと。大人の稽古は子ども達の稽古後に行われることが多く、なかなか見学することが出来ないのですが、この「魔界厄介」、とても「おもしろい」らしいです。



投稿者 ジャック : 23:53 | コメント (4) | トラックバック
2007年06月23日
 ■  『2幕のオープニングに…』

 Hi, みなさん。ジャックです。今年の『風のコンチェルト』、数々の見どころがありますが、その一つに、振付師の梅原美穂さんが「大きな古い木」に宿る「木の精」で出演することがあります。劇団四季で踊った経験のある彼女が、劇団クリエの舞台に立つのは4年ぶり。特に、第2幕のオープニング(M8)で、『風のコンチェルト』を全身で表現した切れのあるダンスが見られることでしょう。
今夜、その2幕オープニングの振付現場に行ってきました。通常の金上ふれあいセンターでの練習メニューが終わったあと、クリエ音楽教室に場所を移し、夜7時過ぎから梅原さんと西林さん、二人だけの練習が始まりました。梅原さんのダンスを、もう一人の振付師、西林素子さんが振付けるのです。ここで素人の私には一つの疑問が…。どうして、振付・ダンス指導を行っている梅原美穂さんが自ら振付をし、自ら踊らないのかと…。2人曰く、「振付する側も踊る側もそれぞれの持ち味を客観的に分析し、より完成度の高いものを目指す」とのことです。なるほど。納得です。その言葉どおり、ダンサー梅原さんに対する振付師西林さんの要求は高かったように思います。そして、西林さんの振付にはいつも『風のコンチェルト』のキーワードである「風」が意識されていました。「ここは体を伝わるような風!」「ここは柔らかい心地よい風!」「全身で風を感じて!」「指先に風の動きが感じられない」… 西林さんは「風」をそんな風に感じていたのか!私にとっても風は、生活の中でなくてはならないものです。時には優しく、心地よく、時には厳しく… みなさんは、「風」をどう感じていますか?練習中の2人には、共通の風が吹いていたに違いありません。
後藤知明氏の曲に合わせ西林さんが振付けたM8を、梅原さんがどんな衣裳でどのように風を表現するのか。そして成瀬一裕氏の照明によって、私達の心にどう届けられるのか… 今からワクワクします。公演まであと2ヶ月。日常、私の周りに吹く風を楽しみながら、『風のコンチェルト』の幕が上がるのを待ちたいと思います。
では、See-you!



投稿者 ジャック : 23:18 | コメント (1) | トラックバック
2007年06月17日
 ■  木の下で・・・

 皆さん、ご無沙汰しております。相変わらず、忙しく、なかなか稽古場に足を運べないジャックです。
 時間のない私ですが、少しでも忙しい毎日から心を開放する時間を見つけています。その一つが、公園にある大きな木の下に寝そべることです。まさに、「風のコンチェルト」の世界です。M6の風&葉っぱの精の歌詞の中にも出てくるように、風が優しく通り抜け、そして、緑の葉と風の音に癒されるのです。この感覚を皆さんにもお伝えしたく、シャッターを切りました。
 今週末は、皆さんに稽古場の雰囲気を伝えたく、時間を確保しております。M7&M8の振り付けの様子をお伝えできると思います。お楽しみに…。


投稿者 ジャック : 23:29 | コメント (4) | トラックバック